FC2ブログ

ARCHIVE - 2020年01月

2020
01/11

三陸道の開通で本吉が近く


昨日は気仙沼市本吉に行く。理由は「クリーニング」を取りにだ。
時代の大きな生活環境の進化により、生活・交通・スマホなど新しく、激変した震災からの10年を強く感じる。
町も大きく変わった。昔の志津川はどこにも無く、高台に残った学校環境も、学校生活の安全を考え、夜警などを配置し部外者の流入は厳しい。
クリーニング店は震災前は町に3店あり、町内の店は全部が被災し、再検を諦めた。その為に私は15分と言う高速の便利さで、クリーニングは本吉と決めた。店は本吉地区の中心にあるが、目の前の田んぼまで津波が来た。本吉の町の中心へなど津波の到達は誰もが考えなく、小泉の川から一揆に町まで津波は川を駆け上がった。この自然の驚異に改めて驚かされる。

200110_135527.jpg
石巻や気仙沼の高速道からは、大震災を経験した自治体は、自然エネルギーの転換への姿が見られる。石巻は北上川沿いの山の峰に「風力発電」の鉄塔の風車が見え、田束山の向かって右の小泉の山には、巨大過ぎる「太陽光バネル」が輝いている。
自然エネルギーへの町の取り組みは見えてこない。町が実践してエネルギーの確保は、生ごみからのガスでの発電がある。家庭電力への転用はまだまだ先のようだ。「波発電」もあると思うが、提案しても取り組む事よりも、観光振興に町長の意識は高い。町民全体が潤う町づくりを考えて欲しいと熱望する


スポンサーサイト



【 未分類 | CO:0 | TB:× | 07:42 】


TOP