FC2ブログ

ARCHIVE - 2019年12月

2019
12/18

20mの築山から


南三陸町の復興の姿の中心が一部開園となった。
来場者には懐かしい方の名前があり、公園整備プロジェクトの方々を、今回代表して感謝状を授与された方が、「時間はかかりますがチームのメンバーを紹介します」と、関わった多くの名前・団体の中に、コープの菅原さんがあった。大震災後の1年目ごろ、「全優石」「生協」の二人が、戸倉荒町の仮の営業所に来てくれた。

CIMG1035.jpg
南三陸町の支援をしていると言う、生協は全国の店舗で義援金やカバンの販売など、被災地「南三陸町」を支援していると話す。全優石さんの活動が判らなかったが、「津波到達の碑」や「祈りの丘」「テラス」の石を提供し、築山の上にも「御影石」が引き積められていた。こうした活動の初めに我が社を訪れてくれた。

CIMG1009.jpg
震災から町の活動を監視する立場で、二つの活動・支援が、間違いなく進められているかと、現状を良く聞いた。まだ震災2年ごろ、どんな形で支援されたかが、昨日の除幕式で少しはその結果を理解した。

スポンサーサイト



【 未分類 | CO:0 | TB:× | 07:18 】


TOP