FC2ブログ

ARCHIVE - 2019年11月

2019
11/27

生きる事は食べる事


今年から始めた父への健康対策は、小型冷蔵差に食料を買い、いっぱいにして置く事で、一週間に2回、惣菜・甘い物・お菓子などを、三千円前後ほど買い準備して置く事だった。
「食べる物ある」と聴くと「今日の糞はある」と答える。満タンにし4日目ごろの会話です。「みんな食べたんだ」と、買ってきた量から思う。時々は果物を、仏壇に供えた初物を「あげたら食べて!」と声を掛け、食事はバランスを考えている。
父は96歳で、私の知る80代の皆さんは、父と比べても老いが早いと感じる。


私は色々な貰い物で食材を有効に使っている。野菜は元より、普段はあまり食べない物も料理して食べている。
写真は「イモの子の煮物」で、土まみれのイモを親イモ・子イモにばらして、洗い・皮を剥き、甘しょっぱく煮込んだ。肉は生協から買う。入谷地区の大先輩から頂いた「キャベツ」は、漬物・お好み焼き・ラーメンの具などとして食べ、「食べ物は無駄にしない」が心情だ。少し痛んでも火を通し食べる。
たまにはお腹を壊すが、健康は維持できている。

191126_091832.jpg
こないだ入ったチラシの「10%値引き券」を利用して、ホームセンターから「消化器」を三千円で買い工場に設置した。
最近の「火の問題」として、弱火の付けっぱなしがある。今のコンロは煮物でも付け忘れ対応として、自動的に消えてくれる。しかし、煮ものは水分が飛んでなくなる。こないだの「牡蠣汁」も、鍋に具だけとなっていたが、水を入れ「雑炊」に化けさせた。これも又おいしい!
こんな父との生活を一日でも長く続けたい。

地元の報道に「グループ補助金」を受けた会社が、被災3県で51県が倒産したと言う。水産業が多く、被災地を水産物の異常が、悪い方向に向かっている。


スポンサーサイト



【 未分類 | CO:0 | TB:× | 07:23 】


TOP