FC2ブログ

ARCHIVE - 2019年11月

2019
11/06

大災害の復興途上の街が再度の自然災害に


南三陸町の山間地に調査に行く。小川が側溝が溢れ、低い土地の家屋を襲った。震災からの農地の圃場での、新たな農業生産の野菜も「山津波」に呑まれた。自然災害と言えない「巨大台風」の発生は、人災なのかも知れない。
小さな町の一人の人間が、「二酸化炭素の排出を減少させて!」と言っても、耳を貸して下さいる方は少ないが、これを一人でも多くの人達が発信しないと、地球は益々病んで行く。

米トランプ大統領は
温室効果ガス排出規制から脱退
海水温の上昇で世界の気象変動の災害より
経済の発展を選択した
世界の大国の未来志向の無い判断がある
(台風の水害はホタルの里を破壊した)

191106_093621.jpg
今日は登米市津山町に用事で出掛けた。13日の台風19号は登米市では死者も出て、津山の至所で被害が発生した。横山までは15日に行って見たが、津山までは行く事が出来なかった。
道の駅「モクモクハウス」も2m前後の浸水により、施設が冠水し今日も営業再開となっていなかった。しかし、小さな仮設での店を出していた。今後はと言うと連設会社が委託され、被害の調査をしているようだった。横山からの柳津までの中学生の通学歩道も、所々でガードが田んぼへの倒壊している。津山中学校までの、横山地区からの自転車通学は大丈夫だろうか。
私の知人も通院する「大友病院」は、両隣の小川の氾濫で、2m以上の浸水となり、今日も復旧工事が行われていた。先生も「再建を目指す」とテレビで元気に話していたと言う。津山中学校の下の国道45号の間の窪地で、今後も浸水のリスクは大きいと思う。住民は「地区内の病院の廃業の施設での開業を」と願っていた。早期の再会をと話す。
県内の総ての地区で台風被害が発生し、石巻の浸水も1万戸に登り、現在まで土木・農水産・ライフラインなど1200億円の被害報告が発表された。まだまだ多くの時間がかかりそうだ、横山の「割烹くまがい」も店内の施設で被災し、見る限り再会はまだのようだった。大変だ。津山町内は被害は無かったと聞いた。




スポンサーサイト



【 未分類 | CO:0 | TB:× | 07:29 】


TOP