FC2ブログ

ARCHIVE - 2019年11月

2019
11/02

平穏な日本は何処へ


沖縄の「首里城」は県民の心に支えでもあったし、沖縄の象徴と県民は火事の姿に嘆きの声からも理解する。
玉木知事は再建を菅官房長官に要望した。建設に携わった高齢の女性は、50年は再建にかかると話し、色鮮やかな装飾の技術者(職人)がいないと言う。特殊な消化方法で正殿を守ってはいたが、その効果は何処にもなかつた。火元は正殿の天井の裏からで、4700㎡の7つの建物が焼失した。

年間で200万人が訪れる観光の名所、観光の財産が一つ無くなった。沖縄に綺麗な海がまだある。米軍の基地が今でも、国土の多くに点在している。基地移転の問題も継続中で、太平洋戦争の悲劇から今もこの台地には色濃い。

CIMG0460.jpg
昨日は歌津の床上浸水の地区に行って見た。田束山への方向から、入谷・志津川・馬籠地区への道路が整備されているが、現在は全ての道路が通行止めとなっていた。台風19号の爪痕は今も県道の崩落個所を見て来た。「払川ダム」があった御蔭で、川沿いの家屋への被害は少なかった。「利水・治水」を考慮したダム建設は、異常気象の影響の緩和には欠かせない。今回は上流への降雨は少なく、ダム放流は回避された。

191031_141024.jpg
「老々介護」はすでに我が家では始まっていたが、父は元気だ。自分は厳しい人間で、年老いた96歳の父に無理も言う。しかし、これが認知症の予防となっているかもしれない。「ボケてられない」と言う父の自負を感じる。
今年の3か月分の米を仕入れた。「つや姫」「ひとめぼれ」の2種で、生産者お薦めの宮城の米だった。
我が家は「9060問題」の中で、父は米でないと駄目で、私は「小麦系」のパン・そば・うどん・パスタが、食事の半分を占める。だから米50Kもあれば年間はもつ。


スポンサーサイト



【 未分類 | CO:0 | TB:× | 07:16 】


TOP