FC2ブログ

ARCHIVE - 2019年10月

2019
10/30

「だて正夢」試食

突然の米農家の友人が今年も、自分の作った米を販売していた。できたての新米はこないだ「食べて」と、わざわざ持って来てくれた。
「つや姫」「ササニシキ」など4品種を生産している。しばらく前は親戚に、大震災見舞いのお返しに、仙台の兄・子供達などにも、志津川の米を送ってあげた。育ち盛りの兄の孫たちにも食べてもらった。意外と米を送ると喜ばれる。今年は神奈川の叔母と、富谷の叔母にも「つや姫」を送ってあげたい。


被災された多くの農家の皆さん
被災見舞い申し上げます
昨日友達が宮城の推奨新米「だて正夢」を持って来た
炊飯器もカラで早速試食した
汁物も「地元のきのこ汁」
この日の主役は「御米」です
話題の御米はやっぱり違っていた

「ツイッター」と「フェイスブック」・「ブログ」で南三陸町を発信しています。しかし、「フォロー」として下さった方を、「フォローのお返し」を心掛けてはいるものの、フォローする方の内容を確認せずに、フォローする事の危うさに気付いた。
フイッターのメールで「格安に融資します」「儲け話があります どうですか」など、金の引出しの誘いのようなメールが最近多い。
携帯メールでも「資金ぐりに困っていませんか」など、ショートメールで「甘い罠」のような通信もあります。震災後のファックス通信から、今度は「SNS」での送信へと変わった。
震災後の色々な人達のお金絡みりの来社もあり、人の好さと「欲」から、町民の支援や、支援の恩返しとの考えから二度もワルに引っかかった。「自分の持つ資金でられる事をする」と言う、こんな考えに定着し、悪徳に引っ掛かる事の回避を心に厳しく思っている。

191029_173930.jpg
今は「だて正夢」の生産量や、生産者・販売店が決められているが、来年は市場に多く回るだろう。買い求めもっと試食をしたい。




スポンサーサイト



【 未分類 | CO:0 | TB:× | 06:39 】


TOP