FC2ブログ

ARCHIVE - 2019年09月

2019
09/19

地方は益々厳しく


女川に病院の管理委託の取り組みの勉強に行った時に、役場庁舎の隣りに学校が整備されていた。小中一貫校? と聞いた気がする。人口減の中で将来に供え、コンパクトな町づくりを進めているようだ。
新聞報道に「女川議会定員割れか?」とあった。手取りで20万円を切る報酬では、子供を持つ若い担い手に、手を上げる人は少ない。全国の小さな自治体でも同様な事が起こっている。
我が町でも10月までには議会で定数についての会議を予定している。私は毎年250人の自然減の中で、増える事の無い「交流人口増加政策」を声高に語る町、現在の13000人を割り5千人の人口減が、10年後には1万人に近くなり、大きく定員の削減を提示したい。
何時までも変わらない町の政治家の与党構図が変わらないでいる。多くのアイデアと議論を重ね、行政と二人三脚で町を良くしていきたいと考えるが、トップの傲慢さの政策があり、町づくりの公平公正さを書いている気がしてならない。

本日は議会9日目で、30年度の決算審査会が終わる。昨日も町長は一議員に「反問権」を行使した。発言には議員も慎重に、上げ足を取られない発言が大切だ。今日は議員の発言の訂正謝罪がある。


スポンサーサイト



【 未分類 | CO:0 | TB:× | 07:31 】


TOP