FC2ブログ

ARCHIVE - 2019年08月

2019
08/16

雑草魂で


昨日の南三陸町は「くもり・30度」
そんな中で10時に菜園の草取り
蜂は飛ぶし・てんとう虫の大襲撃
1時間の作業で汗塗れ
良い運動になりました
雑草の力は凄い
190815_110035.jpg

昨日の炎天下(33度)の午前10時から11時の一時間の農作業、仕事の後の異常なまでの汗とけだるさは、まだ若い・健康への過信だと初めて思った。63歳で熱中症での「死」は決してジョウクではない。
良い天候と適度な降雨により。雑草は一揆に伸びた。5日間ぐらいの雨模様の中で、雑草の草取りを後回しにしたせいです。何事も手を日々掛けないと、あとでそのしわ寄せが来ること再確認した。

昨日はお盆最後の休み、私は休みなど何処にもなかった。午後3時から父を登米市の「COOP」に連れて行き、好きな物を買いなさいと言ってはみたものの、広い店内を歩けないと言う。貸し出し用の「車イス」を初めて利用させて頂いた。店内を歩き甘える父に、さすがに年を取ったと実感させられた。
往復の車中での話は、先々週の土曜日、判断不能となった言う。今年の猛暑の中で「暑さの感覚がなく」、35度の部屋に居て気分が悪くなった。と、その時の事を話してくれた。その時に仙台からの父が支援する「キリスト」の先生がいて、気分が悪いと「針灸マッサージ」を1時間受けた。その時に事を話し始まった。「いくら御礼すればいい?」と話していた。

健康への過信は死に直結します。

スポンサーサイト



【 未分類 | CO:0 | TB:× | 07:27 】


TOP