FC2ブログ

ARCHIVE - 2019年08月

2019
08/11

町を創って来た父の戦友が亡くなった

昨日の朝刊に父の詩吟の友達の訃報が届いた。94歳で父とは2つ違いながら、気の合う仲間として付き合いがあった。その二男は私の同級生で、クラスメイトであり、ゴルフの仲間だ。
葬儀会館に行くと駆け寄ってきて話をした。「2週間前に父の顔を見に来た」と言う、私は「父の死を察知しての事だね」と会話を交わした。東京に暮らし多忙の中で、故郷の両親を忘れがちになっても無理はない中で、親子の自然の意思疎通がそこにはあった気がする。

190810_151003.jpg
お盆前の連休ながら、我が社は仕事をしている。夕方に少しの買い物で飯野川の「百均ダイソー」に行った。事務の備品と台所の不足品を10点、「1080円」で買った。安い! 私の町にも欲しいが、人口が年々300人前後の減少の町には、出店し経営的には難しいのだろう。2か月前に出店した「ツルハ」も駐車場を見ると、客足が伸びない現実を日々見ている。

190810_155413.jpg
志津川荒島の「楽天パーク」に
3日前に新遊具が天気に祟られた
今日は天気
自転車のメリーゴーランド
昨日はテントで包まれていた

190810_200747.jpg
午後5時のお通夜の帰り、焼香に出席した仲間との「みみふさぎ」と題した飲み会、場所も「イーグルス」と、楽天の試合を応援しながらの、お盆の集まりとなった。仲間の近況の変化など、自分の事として捉え、話に華が咲いた。

昨日は午後に仙台の兄が、台風がお盆に直撃? を懸念し、線香を上げに来た。何も準備していないので、お土産に志津川の冷凍水産品と、孫たちにチョコをお土産に持たせた。あと兄の好きな日本酒。そこでの話に、「志津川の財産はいらないよね」「土地相続に着手に150万円が係る」など、将来についての自分の考えを伝えた。自分たちの命は、何時どうなるか判らないとの思いからの事だった。



スポンサーサイト



【 未分類 | CO:0 | TB:× | 06:59 】


TOP