FC2ブログ

ARCHIVE - 2019年08月

2019
08/09

志津川字本浜町200-2


南三陸町志津川市街地の10mの嵩上げ地、震災前に我が社の跡地である。換地も終了し「本浜町200-2番地」となった。自分が生まれた場所を残す事が出来たが、この場所は住んではいけないと言う場所である。

今年は「はるかのヒマワリ」や、自分で買い求めた「赤ちゃんひまわり」や、他のヒマワリも一種植え、「千葉印刷ヒマワリ大作戦」と題して、商店街から海水浴場の途中の東側の土地に植えた。
最初に小さな向日葵が咲いて、次の向日葵が今咲こうとしている。

2週間にも及ぶ猛暑が続き、毎日のようにジョウロで水をあげている。

190807_135305.jpg
我が社の大震災慰霊碑には、造花のヒマワリにした。生花は風と天候で1週間ももたない。だから経費の削減で変えた。本当は生花を添えたいが、毎日のように綺麗な花を供えるのは難しい、そんな決断でもある。供え物は海に打ち上げられた、カキ等の海で洗われた貝と、海岸に打ち上げられた石とした。これが私の出来る最大限の死者への畏敬の念である。線香台も設けている。8月の14日は我が家のお墓参りの帰りに寄っている。
慰霊碑の一昨年前の7月11日の開眼式から、今年で3回目のお盆を迎える。震災復興祈念公園の慰霊の丘では、手を合わせるかは思案中である。

190807_133433.jpg
今から11年前の議員選挙に立候補した時の提案が、「町民の集える場所」の設置があった。高台の住宅地には総てに「集会所」が整備された。私の場所は、何でも話せて、笑い・怒る・生活を語り合える場であり、生活弱者への支援の場所を想定している。金持ち達が酒を飲み・今を笑える場所にはしたくない。

自分一人の考えで色んな事をしている。9月決算議会での一般質問は、職員の不祥事と悲しい職員の現実を町長に聴きたい。

スポンサーサイト



【 未分類 | CO:0 | TB:× | 06:57 】


TOP