FC2ブログ

ARCHIVE - 2019年07月

2019
07/18

旧雄勝町への旅


「リボンアート」のしかの像を見たくて、頭の中のイメージで向かった。
女川町から牡鹿半島のコバルトラインを走る。しかし、10K走れど「鮎川」の標識しか出てこない。いよいよナビに頼ると、戻り北へ北へと女川の町を通過して、走る事25K、何も無くなった雄勝の小さな漁港が幾つも見えてきた。小さいながらも想定した町が見えなかった。しかし、ここが旧雄勝町だった。となりの町なのに、この年になるまで知らなかった。

CIMG9129.jpg
コバルトラインの海の見える駐車スペースに車を止め、女川湾の入り口の迷路のような光景を見た。ここで最近では私の知る名足の漁船が沈没し、3人が亡くなった。この場所には「慰霊碑」があり、15年くらい前?に「千代丸」が沈没し、多くの乗組員が亡くなった、その中に南三陸町出身の3人の名前もあった。
慰霊碑の周辺には、ソーラー施設があり、見晴し台の下にはゴミが沢山捨てられていた。観光地にマナーは当然の観光客の義務ながら、見苦しい姿があり、町や住居もなく誰も清掃はしないのだろう。女川町の区域ながらは遠く、震災からの復興途上でここまで手が回らないのだろう。
漁業会社は価格の高い漁港に魚を運ぶ、無理をしても収入を上げたい、海の事はなんでも知っていると言う過信も、無かったとは言えない。海の男の勝文であり、男気を感じるが、命は一つしかない。
私の同級生も南三陸町歌津泊崎の海難事故で亡くなった。佐々木昇一と遠藤弘の二人で、私は彼らを忘れる事は無いだろう。

190717_194509.jpg
大きな葉っぱで隠れて見つからなかった
忘れられた特大ズーハーニを昨日料理
料理方法はツイッターの仲間に教えられ
美味しく食べる事ができた
「麺つゆ煮浸し」で
油で焦げ目が付くまで焼き浸すだけ
ご指導ありがとうございました


スポンサーサイト

【 未分類 | CO:0 | TB:× | 07:21 】


TOP