FC2ブログ

ARCHIVE - 2019年06月

2019
06/24

千葉家は更なる代へ全国に


南三陸町細浦の「徳性寺」の仮本堂から
地域の復興の現在を望む
鎌倉時代から700年の歴史のあるお寺で
住民の拠り所と今も脈々と
その文化と風習は受け継がれている

叔父の3回忌で高台に眠る墓地からの、志津川細浦地区の復興の今ながら、震災時のままの漁村の海岸が広がる。華やかな市街地ばかりがピックアップされ、凄い、すごいと首長は全国の自治体から称賛されている。その姿にメディアが拍車を掛けているように私は感じる。

190623_115523.jpg
南三陸町志津川の寿司屋さんの
地物の「ウニ」が軍艦で乗った寿司桶
久々の寿司屋さんの寿司に
満足のご法事の席でした

190623_180305.jpg
南三陸町志津川の寿司屋さんの
地物の「ウニ」が軍艦で乗った寿司桶
久々の寿司屋さんの寿司に
満足のご法事の席でした

DVC00135.jpg
来月は広島から南三陸町の子供達への「愛の福袋」支援の皆さんが御出でになる。震災後に生まれた一年生に、昨年から入学プレゼントの支援をしている。今回は教員委員会への訪問を企画したら、喜んで対応をしてくれると返事をもらった。8日の夜には交流会が企画され、私も御礼を兼ねて出席する。一年ぶりの再会ながら、皆さんの優しい言葉にこれまでの交流を思い出す。仮設への「物資支援」は一軒ずつ被災者宅を訪れ、色々な話に耳を傾けてくれた。障害者施設の訪問もあり、通所生にプレゼントと、独自商品の購買支援も行った。数々の支援も8年目を迎えた。

先週は同級生の13日の海の日の「祝宴」も、8人が集まる段取りをした。前回のメンバーとは異なる仲間が集まってくれる。仲間の近況報告会となりそうだ。今年から町の社会人採用の同級生も、採用から1か月半となり、仕事も忙しいようだ。

今週は何もなく、カレンターの一週間の予定は「真っ白」です。農作業で雑草取りでもするかな? 今日明日は曇りながら傘マークがあり、水曜日にでも長靴と手袋で作業をするかな! 



スポンサーサイト

【 未分類 | CO:0 | TB:× | 07:22 】


TOP