FC2ブログ

ARCHIVE - 2019年05月

2019
05/25

病に弱い私になりました


町役場の空コーヒー店舗に行くと
タコをいっぱいいた
さすが志津川はタコの名産地!

テナントは経営不振で町にマチドマの一角を返した。
南三陸町での小規模店舗・商店の経営はますます厳しい。

190524_144505.jpg
一昨日前は志津川地区の河川堤防の施工ミスの件の説明が、志津川町協の主催で行われた。高校生の干潟観察場所のは形はあるが、間違いなく干潟の一部に残土が盛られた。町協の役員の視察は工事現場では難しく、ネンチャーセンター友の会の鈴木氏が、海岸や干潟の野鳥などの観察の時に、現場の異常を見つけた。あれから4か月が経っての対応だった。
また、その他の審議として「南三陸祈念公園」の植栽について、今後の業者と支援団体・町民の関わりについて審議した。町はここも管理委託にとの考えもあるようだ。町の大切な施設なのに、他人任せにする意味が私には理解できない。現在は名簿をモニュメントの中に納める為に、震災死の家族にその確認を取っていると言う。

昨日は「震災伝承館」について、町民の意見を聴く会が、「志津川地区」であった。20名余りの参加者があった。もっと町民の参加が欲しいものだが、町民は無関心といった感じだ。震災後は何に付け町民の町政に対する関心はない。
小泉進次郎氏が自民党総裁への意欲をメディアから聞かれた。国民が安堵しての中で、改革・改変の声が無い限り、私が手を上げる事は無いと言う。今の日本の安定した生活の中では「平和ボケ」している。大きな改革の動き・声はあがらない。これで何かが起こってからでは何ともならなく、日々改革の意識とイノベーションへの取り組みが必要なのに、幸せな日本を感じる。そのツケは税金や格差、弱い者への付け回しと今後も続く。もっと国民全体の事を考えないと、「今度は我が身」とこんな時代が来る。


スポンサーサイト



【 未分類 | CO:0 | TB:× | 06:17 】


TOP