FC2ブログ

ARCHIVE - 2019年03月

2019
03/21

春彼岸、先祖と母に想いを馳せて


今日はお彼岸の墓参りに朝5時に行く事していた。
結果は6時半となり、祖母・叔母・母そして先祖と向き合った。
我が墓地は1千基もある菩提寺の墓地の上から五番目、その坂は年々きつく感じる。
あと何年、一人の先祖の墓参りができるだろうか。

昨日で議会は終わった。
南三陸町の問題は山積している。同僚議員が災害公営住宅の維持管理費の「7千万円」の県の住宅公社に委託している事について、「この委託をやめ、町で管理に当たり住民に雇用の場を与えたら」との提案があった。それに対する町の現状は、最近独居の方が亡くなり、何日後に発見されたと言う。遺体の引き取り手が無いとも言う。保証人は引き取りを拒否し、今も個人の私物が部屋に残されたままで、部屋の家賃や管理に町は苦慮しているとの報告があった。
こんな住宅居住者の問題に、行政が対応できるかと言うと難しい。800戸の災害公営住宅は空き室が一桁台と、だいたい満室の状況になった。震災で被災者の住居の提供は行政の責務である。今後10年後には、補修・管理・維持に10億の町の財源が必要だとも話す。
将来の不安を抱えたままで、震災復興完結の10年まで2年を残す事となった。現町長の震災復興計画であり、10年後の現実の計画失敗は、誰が責任を取るのだろうか。住民にも投票責任があり、一票の重みを感じて欲しい。

190321_070250.jpg

フェイスブックやツイッターで友達が、「内容が暗い」と最近指摘された。
死者への畏敬と感謝は、大震災を受けた町、そして住民の事を思えば当然の行動と思っている。
ベイサイドアリーナでの町からの震災復興での町民へのお願いで、その計画に理解をとの町長の説明があった。
私は議員そして一町民として、行政に「町民はここで死んでもイイとの考えを持っている。一日も早く住民の生活環境を整え、生活再建をお願いしたい!」と意見として発言した。民放を始め私の映像がメディアで全国に発信された。アノーナに集まった5百名? を越える町民に選ばれた志津川地区の代表として発言した。あれから9年目を迎え、私には町のマイナス部分だけが露呈したと感じる。
震災復旧の土地整備の遅延で、町民の3千人が街を離れた。現在は17000人から13000人を切るまでになった。人口が減る事での多くの弊害が現れている。介護保険料の上昇、地方交付金の減少、労働力の減少など、人口減少が大きな要因にある。それでも町長の方針の5つの一つに、「交流人口の拡大」を上げる。もう町の再構は無理のようだ。

190321_073244.jpg
同級生が震災や逝去で30名を越えて亡くなった。還暦のお祝いで仲間の塔婆を志津川地区の大雄寺の墓地の入口に建立した。
共に志津川町で生きて来た、仲間に頭を下げた。決して皆を私は忘れないだろう。



スポンサーサイト



【 未分類 | CO:0 | TB:× | 09:43 】


TOP