FC2ブログ

ARCHIVE - 2019年03月

2019
03/01

父より先に死ねない


胃の内視鏡検査で、17時間ぶりの食事。杜の市場の「たまご舎」のオムレツ。体調に合わせた食事を!
宮城県印刷組合で紹介頂いた「みやぎ検診プラザ」で御世話になりました。

しばらくぶりの仙台の卸町に来た。雨の仙台はこれから「杜の都」が新緑に向かう、木々は準備をしているようだ。
特別に「痛い」「おかしい」と言う訳でも無いが、63歳を前に体内で何かが起こっていいないか診察を決断した。胃カメラは震災の2年前に、志津川地区にあった「笹原診療内科」で検査をした。笹原先生は食道から十二腸までを、「綺麗だねー」と言ってくれた。あれから10年が経ち何が発症しても不思議の無い年齢となった。
診察に行くと父に告げると、朝から晩まで「大丈夫か!」と声を掛けてくる。96歳の父には自分の事だけを心配して欲しい。かえってイライラする。

190228_130644.jpg

仙台の検診ブラザ前の道路には、南三陸町から仙台に昔に移転した「渡辺海苔」さんらしき会社を見つけた。志津川地区から仙台に進出は他に「田畑海苔」さんもあった。二つの会社は営業所・製造工場を地元の南三陸町志津川に移転し、地元での事業の拡大と貢献の為に、震災後も尚も拡大し営業をしている。

190225_165250.jpg
こないだ父を迎えに「南三陸病院」へ、町のケアセンターと病院の間の「みなさん通り」に、ハナモモが花瓶に満開となっていた。
南三陸町の入谷の鈴木さんは、ハナモモ生産から10年を迎え、地域の「花見山」をハナモモでいっぱいにしたいと夢を描き、地元地域の産品にしたいと語る。今年も地元新聞で報道されている。
残念ながら鈴木さんのハナモモではなかった。


スポンサーサイト



【 未分類 | CO:0 | TB:× | 07:06 】


TOP