FC2ブログ

ARCHIVE - 2018年10月

2018
10/10

誰かの為に


高校時代の同級生ながら当時に話しをした記憶はない。そんな彼が母校の校長になり、被災地の高校生の為に様々な活動をしてきた。人口減の街の学生の確保や、海外からの高校生との交流、そして学力の向上に全力で当たった。2年の在学で定年ながら1年の延長もこなし、現在は子供達の英語力の拡大に取り組んでいた。昨日も活動のチラシを受け取りに来た。町の政治の状況を少しずつ理解してきている。私は「反町長だから!」と言い情報交換が始まる。
昨日は登米市に移転した病気がちの仲間の話になり、「今年は忘年会を皆でしよう。」と言う話になった。すると夜に電話が入った。登米市の同級生からだ、これが「以心伝心」なのだろうと感じる。
校長を退職した同級生は、故郷の中高生の学力低下を嘆く。自分ができる事として、小学生に英語をボランティアで指導をする活動を初め、今回イベントとして「ハロウィング」で、NHKの英会話のスチュアートさんを迎え、パーティーと題して、南三陸町の子供達に英語を親しんでもらう。行動力の長けた彼に脱帽する。
「あいつ死んだって!」と衝撃の連絡だった。まだはっきりはしていないが、人生って何なんだろう?と知らされた。生き様が人生に現れると言う事が、真実と思わせた。

181010_044812.jpg
巨人の高橋監督が辞任を表明し、昨夜の最終戦でリライマックス戦への出場をきめた。若い選手を育成し起用した。4番の岡本が2本のホームランで勝利し、監督への恩返しとなった。3割・30本・100打点と、巨人の4番が誕生した。阿部も菅野・長野・陽などの活躍で、高橋監督の監督業を伸ばしてくれた。

スポンサーサイト

【 未分類 | CO:0 | TB:× | 06:17 】


TOP