FC2ブログ

ARCHIVE - 2018年09月

2018
09/08

渋滞は当然


議会が始まり、石巻へ終了後に仕事で石巻に配達に、行った時に撮影した写真です。(5日) 台風21号が日本を縦断し、日本海を通過しつつある夕方の「綺麗な夕日」をしばらくぶりで見た。

1週間以上も雨と曇りで洗濯物が増え続け、6日に汗の染みたタヤルケットと毛布を干す事ができた。このチャンスを逃すまいと洗濯機も回し、下着のシャツだけで数えると10枚もあった。翌日7日金曜から、また週間予報では晴れマークが無い。これが海水浴シーズンで無かった事を良かったと思う。

180906_085300.jpg
昨日の議会の議案に、旧志津川駅前の道路の復旧工事があった。1億も超す工事費で、やっと7年半掛りここまできた。志津川市街地が一定程度整備の進む中で、「祈念公園」の外構の整備の一環と思われる。
現在、志津川商店街は週末には「大渋滞」が発生している。来場客でにぎわう事は良い事ながら、最近の自然災害の2日間の予想もできない連続発生が在る中で、町長の「渋滞はしょうがない」や、建設課長の「渋滞容認」の発言に私は怒りを隠せない。
大震災時には町内の渋滞により、町民や町外の人が避難時に渋滞に巻き込まれ、多くの人が亡くなった事を忘れてしまっている。また、道路整備の中でも、観光・商工の優先があり、市街地低地部の「避難道路」や「う回路の整備」に欠けている気がする。「災害は忘れた時に……」があり、観光客の回遊や親水性を口にしながら、町民が議員が指摘する「市街地の道路整備」に取り組む事の遅く無い姿や、町の考えに多くの疑問と疑惑を持たずにはいられない。

180906_211857.jpg
ある銀行の不正な貸付は、会社のワンマンが作りだした危機感のない結果だった。幹部・上層部の全退陣となった。我が町の行政もそんな傲慢な、独裁的な行政運営と感じる。

北海道の地震被害での、全道の停電は国上げて取り組みにより、昨日までに「99%」が通常送電となった。まだ一部で停電はあるものの、この迅速な世耕大臣の対策に、国民の為に全勢力を費やす事、政府として当然だろう。

≪今回の一般質問から≫
1件-① 災害公営住宅の独居生活の現状と見守り対策はです。
・独居老人、高齢者夫婦世帯の多くが、町内の災害公営住宅で生活していますが、安心して生活環境の充実をお願いしたいと質問します。
(質問)・独居の高齢者世帯は372世帯ですが、この数でとなった理は何だと町長派思いますか。「人口の減少」私、「個々の生活」「社会の流れ」との判断。
◎震災の復興の遅延により、若者が町外に出て、両親だけが町に残った為。
(質問)・大震災から仮設生活と復興住宅でとなり、そんな状況で自殺者が6人居ます。その他に災害公営住宅などでの病気での孤独死の数を教えて下さい。「4人と」の答え
◎被災者の町の対応が十分でなかった為。
(質問)・震災から高齢者に対する、見守りとしての町長の対策は万全だったでしょうか。「生活支援員など、できる限りの町民に対する活動は尽くした」当然。
(質問)・復興住宅の独居の病死防止の対策を教えて下さい。「支援員が見回る事を主体に、多くの気を払い住民を見守る」
(質問)・町営住宅・住宅再建の高齢者世帯の、事故死の防止対策もあれば教えて下さい。「災害公営住宅にはセンサーがあり、反応が無い時は保障会社が監視している」

スポンサーサイト

【 未分類 | CO:0 | TB:× | 07:37 】


TOP