FC2ブログ

ARCHIVE - 2018年09月

2018
09/01

秋雨前線の台風の湿った風が

180831_132859.jpg
また日本全域が大洪水となっている。
昨日は山形県の最上川の支流が、1時間に104ミリの集中豪雨で氾濫した。稲の刈取りの時期でもあり、冠水で収穫の減少は避けられない。川に架かった吊り橋が残骸の姿を露わにしていた。県境の村も今月二回の家への冠水で住民は頭を痛めていた。石川県の洪水もまた凄まじい川の氾濫となっていた。津波を思わせる水の勢いは恐怖感さえ感じる。1時間「122ミリ」は過去最高の雨量と言う。勿論、市街地の洪水で通行止めや、冠水の道路で動けない車があった、まさか、「ここまでの雨が降るなんて?」との、通常の想定は当てはまらないようだ。
180831_132927.jpg
関東の一部の地域では落雷による火災が、少なくても4件以上は発生したと言う。雷のあの多さでは落雷も発生するのは当然だろう。一昨日前は南三陸町でも、これまでにない雷の音で驚いたと数名から聞いた。
今後もおかしい停滞前線と、低気圧と高気圧のぶつかり合いで、いまも線上降水帯が九州北部から茨城まで伸びていて、その地域の皆さんには十分な注意をお願いしたい。独居老人や生活弱者には、地域の共助が欠かせない事から、見守りの体制を災害前から確認も必要と思う。

180831_181119.jpg
昨日は気仙沼の「初サンマ」を晩酌の友とした。
今回は焼き方と新鮮なサンマは、中骨以外は全てが食べられる事が解った。サンマの内臓の油で、こまい骨が柔く、内臓も邪魔には成らず、美味しく食べられる事を知った。
フライパンでも、焦げ目が付くまで焼き、中火にして焦がし過ぎないよう、サンマを返しながら焼く。勿論、油はサンマから出るので必要ない。今度は炭火焼を外でやりたい。今日の朝まで「サンマの匂い」が台所に残っていた。私も父も気にはならないが、来客は「何の匂い」と言うだろう。
北海道のサンマの産地ではスーパーで「振る舞いサンマ」が今年はすでに来客に出た。とにかく今年は昨年の不良からみても、数倍の水揚げになり、気仙沼市の「目黒のさんま」も今年は復活という。
昨日は郵便パックで、県内と長野の知人に送った。初サンマをご賞味頂きたい。

今日は中学校の運動会ながら、深夜から午前9時近くまで雨が降り、自己判断で中止とした。午後1時過ぎから高校の仮装行列があり、文化祭の告知をする。

スポンサーサイト

【 未分類 | CO:0 | TB:× | 11:44 】


TOP