FC2ブログ

ARCHIVE - 2018年07月

2018
07/27

南三陸町十倉地区・折立


今は通る事も少なくなった「国道45号」を、戸倉団地までの道すがら見た時、以前まであったコンビニが閉店していた。商店の無くなった地区にたった一つの買い物場、国道の嵩上げ工事の開始を予告する。

現在は折立地区に震災した場所にあった水産会社が、5mの嵩上げし元の場所に再建を果たしていた。工場だけで人を住む事を許さない、「浸水地域」として、今後は災害でも補助を受けられないリスクを背負い、事業の継続をする。

折立でも住民と公民館職員が亡くなった。午後3時45分の津波襲来で、これが夜中だったらと思うと「ずっ」とする。想像を絶する津波の大きさに、命からがら裏山の竹やぶを登った。
180726_173433.jpg
しかし、地区は消え、何もない場所を河川堤防と防潮堤が8.7mで守る。不思議な町の防災計画で、国主導の「防災大国」とでも言うのか。建設会社を守る政治姿勢が伺われる。



▽ MORE

スポンサーサイト

【 未分類 | CO:0 | TB:× | 07:38 】


TOP