FC2ブログ

ARCHIVE - 2018年06月

2018
06/02

緊張感に欠ける会議だった


昨日の委員会では、災害公営住宅の家賃軽減や、被災者医療費の一部負担金の免除の継続と復活を陳情が審議された。宮城県知事と後期高齢者広域連合長への陳情書の内容精査と、採択するかが議論された。
町の財源支出と税収の減に関わる問題で、慎重審議が委員により成された。私は生活困窮者が多かれ少なかれ町民にはいる事で、ピンポイントでの救済策が必要と思う。町・県・国に町議会から要望書を提出しても、陳情が町から県に行ったとしても、再度審議が県議会で議論され、県の支出と財源を考慮し、国への交付金を求める事になるだろう。

もう一件は「高野会館の保存」だ。震災復興祈念公園の縮小により、会館は区域外になり「道線」の確保ができないとの危機感から、現在所有するホテルが請願書をだした。参考人として「南三陸ホテル観洋」の幅社長が出席し、遺構としての価値と観光客の安全性確保を語った。請願者は「ホテルの維持費の要望ではなく、施設までの安全な道路整備」をと請願で求めた。
私は多くの町民が助かった場所であり、高野会館は貴重な震災遺構であり、「反対する理由はない。」と会議で語った。行政のトップのホテルへの理解は、幹部職員も欠如していると言う。「町が一丸となって!」は、まやかしの発言で、行政の事しか考えてないと私は感じる。

被災地の町や国での理不尽な事が起こり「寂しい日本の夕日」に見えた。こんな我が町が透けて見えてくる。これまで町を支えた高齢者や、どんな理由があるのか生活困窮者を助ける、「優しい町」への創生は、今の体制では難しく、町民にも余裕がないのが実態だろう。

今日はどんな一日になるだろうか? ワクワクする。

スポンサーサイト

【 未分類 | CO:0 | TB:× | 04:24 】


TOP