ARCHIVE - 2018年06月

2018
06/01

出逢いは偶然でなく「必然!」


週末、大好きな志津川を離れる。7年間支援してくれた大阪印刷組合の「東大阪支部」の皆さんと会う。南三陸町を知って貰おうと、午前9時に観光協会に行き、多くの資料を貰って来た。その後で町内の「南三陸ホテル観洋」へも、知人から観光パンフを頂いた。朝は「語り部バス」「見送り」と玄関は大忙しだった。待つ事5分。偶然の偶然を体験した。

「のぶたか君」と呼びかける声に、周りを探すと、中学時代に恩師だった「小松先生」が私を見つけてくれた。喜寿同級会が昨夜ホテルであったと言う。志津川市街地を同級生と「語り部バス」で廻ったと話す。朝10時前は帰えるお客様で、フロント・玄関はゴッタ返していた。同級生の幹事として引率し、昔と変わらない先生の笑顔は、「こうでありたい!」と私は思うが、私にはまねができない。今回は私から手を握り、先生これからも元気でと分かれた。仙台での小松先生の最後の「シャンソンコンクール」以来で、2年が経とうとしていた咋朝の出来事だった。

180531_095753.jpg
家を出る時間、観光協会で待つ時間、ホテルの方が来るまで待つ時間。総ては先生が見つけてくれる「再開の瞬間」と合致した。必然と言わないでこんな事は実現には至らないだろう。「お元気で!」と手を握れた最後の時だろう。また直ぐに教え子の同級会で南三陸ホテル観洋に来ると言う。77歳まだまだ元気を振りまいて笑顔を伝えて欲しい。

毎日三食の食事を取る事を健康と、病気の悪化防止の生活習慣としている。しかし、「快便」とはなっていないが、別に気にしては居ない。千葉家は「糞ズマリ」の家系のようだ。
こないだ「便が出ない」と父の救急車騒ぎがあった。叔母も便が出なくて苦しいと病院に居った。私は今日で6日便が出ていない。三食の食事は8分目と、食べた物はエネルギーとして消費されるから、何の問題も無いと考えている。出ない事のイライラがストレスとなり、「出ない出ない」と悩み不安が、また快便とはならないのが原因だと思う。皆さんも気になったら病院へ行って下さい。

人との再会は自分からと、相手が近づいて来てくれる事はない。恋愛も自分の生活範囲では「出逢い」は難しく、多くの人と会う環境を、自分から求め行動しないと、助け合う友(彼女)には出会えない。今回の出来事からも実感した。

スポンサーサイト

【 未分類 | CO:0 | TB:× | 06:28 】


TOP