ARCHIVE - 2018年03月

2018
03/07

南三陸町志津川「五日町」


南三陸町の志津川地区の商店街「さんさん商店街」も本設となり、一年間を終え65万人の来場者を迎えた。
震災後に1年足らずで仮設のさんさん商店街ができ、5年間で200万人の被災地支援の方が全国から足を運んでくれた。感謝の気持ちしかない。
現在は三陸道も南三陸町内に3つのインターができた。ストロー現象とならない事を願うばかりです。
商店街の来町者を80万人の問票だったが、その数には達しなかった。しかし、仮設の時の1.6倍の皆さんが南三陸町の商店街を訪れてくれた。3.11の追悼記念式典が開催される時には、何人の方が御出でになるだろう。私の知人も大阪から4人と広島から来町する。「おもてなし」で歓迎をしたい。

2011-05-19 11.08.45
写真は志津川地区で繁華街と言われた「五日町」です。壊れたビルは仙台銀行で、屋上に金庫が有ったと噂が話題となった。左側に商店があり商工会もあった。その場所を重機での瓦礫撤去と、ボセンティアの100名を超える皆さんが、鉄クズやガラスなどを取り、その上を10m嵩上げし、「さんさん商店街」が建設された。多くの町民の歴史と思い出の上に、新しい町ができた。

一時期の潤いは「一過性の物」と、経済学者は言う。風化させないようにするには、地域が語り継ぎ、町民が笑顔で暮らす姿を見せる事が必要と思う。

スポンサーサイト

【 未分類 | CO:0 | TB:× | 07:25 】


TOP