ARCHIVE - 2018年03月

2018
03/02

雪嵐


朝6時にパソコンに向かう。外はと言うと「風」「雪」が家に吹き付ける。建設会社の選択失敗で、自宅に心配はあるものの「雨漏れ」「家の破損」も、今の所、生活するのに異常はない。静かに生きるには何の問題も無い。

新鮮な南三陸の海の恵みに浸っている。今は「ワカメ」「メカブ」で、湯を通し「麺つゆ」をかけるだけで美味しく、それに「しょうが」を磨って入れれば最高だ。この「爆弾低気圧」の被害がワカメに出ない事を願うばかりです。
「漁師の若布」は新鮮で間違いなく美味しいヨ。と知人の老いても元気な漁師は言う。もっと海で獲れたての若布・めかぶを食べて欲しいと言う。現在は全国からの南三陸の若布の注文が入っていて忙しいと言う。
私も「長野県」と「大阪府」に発砲箱にいっぱいのメカブを送ってとお願いした。着いたらきっと驚くだろうが、食べ方を教えれば、簡単で美味しいと喜んでくけるだろう。

180301_194241.jpg
趣味の「男の料理」は、冷蔵庫の残り物で昨夜は「竹の子ご飯」を作ってみた。賞味期限の半年前の竹の子と、冷凍庫の奥の鶏肉の半身を使って、具だくさんの「竹の子ご飯」で、これでご飯茶碗8食分となる。今日の夕方にはジャーから一椀ずつラップに包み冷凍庫で保存する。
こないだは南三陸志津川産の「カレイの煮つけ」を作った。母の作る「煮つけ」の味には足元にも及ばない。酒・醤油・みりん・砂糖・しょうが等で煮込むだけだか、その比率と料理の手順が違うのだろう。新鮮で生臭みはないが、しょうがは欠かせない。

180222_074810.jpg
今日から「3月予算議会」が始まる。行政報告から始まり、「施政方針」が町長から出される。それに総括質問を議員がする。
今議会には「10人」の議員が町長に質問する。議会の活性化に向かっている気がする。新人議員が全員壇上に立つ事となる。

町民の皆さんも無関心で無く、議員の発言に耳を向け、議員がどんな活動をしているか自分の目で確認して頂きたい。
志津川高校生もこんなに頑張っているのだから。
スポンサーサイト

【 未分類 | CO:0 | TB:× | 07:17 】


TOP