FC2ブログ

ARCHIVE - 2018年02月

2018
02/09

この子らの為に議会は何をすべきか


昨日は「南三陸町議会民生教育委員会」の調査として、「教育振興」について南三陸町の教育委員会と生涯学習課から聞き取りを行った。内容は「いじめ」「不登校」など、現状を聴き取った。

私が当初は町の偏った行政について正したいと議員となり、その後は震災復興の進捗と町づくりの在り方と問題点、そして今は「職員改革・モラル」について調べている。
しかしながら、これからの町づくりを考えた時、子供達の良好な環境づくりと、子供達が孤立しない皆が笑顔で学業と、友達作り・スポーツの楽しさを知り、健全な精神と肉体を宿す事が必要と思っている。義務教員から高校・大学への、自分づくりを、大人が環境を整備しないといけないと思っている。

私がこれまで経験した子供達の、スポーツ指導で得たこれまでの、さまざまな問題を、町の教育部署に提示する事で、多くの問題点を浮き彫りにし、これまでの町の教育の欠けている部分が露呈し、改善する事が望ましく、それで将来の町づくりに新な担い手の誕生を、育成し期待したいと思っている。その役目は町の教員機関にあると思っている。

先月末に志津川地区の子育て支援施設「志津川保育所」が落成し、約60名の子供達がお祝いの歌を披露(写真)した。そして昨日は南三陸町「給食センター」の視察を行った。衛生面の設備を完璧にした調理場に驚く。エアーシャワーや、食材管理で、出来る限り衛生面に配慮した完璧すぎるくらいの、センター内の構造に「食中毒」の対応は完璧と感じた。しかし、いかなる事が起きるとも限らずね、常々日々の自己管理と気が緩む事のないセンターの運営をお願いしたい。

スポンサーサイト

【 未分類 | CO:0 | TB:× | 08:58 】


TOP