FC2ブログ

ARCHIVE - 2018年02月

2018
02/06

亡くなった祖父の思い出を孫は忘れない


昨日で3日連続の我が菩提寺「大雄寺」に、父の友達と私の同級生の父の葬儀に参列した。これまでの故人の係わりの人達から見ても、震災後の人達の繋がりの希薄さは、地域のコミニティーの再建の厳しさと、元に戻るには多くの時間を要する。

「太陽のようなじいちゃん」「川柳の好きなじいちゃん」「人を喜ばせるのが好きなじいちゃん」「いつも新しい事に挑戦するじいちゃん」「優しい笑顔のじいちゃん」「山できのこを獲りに行った事は忘れない」など、孫たちの祖父との思い出は決して忘れる事はなく、一生の心の支えと、父祖母の孫たちへの影響力を感じた。

180205_190108.jpg
ここ2か月で10回の焼香へ行った。「ぎりすび」は私たちの町で、冠婚葬祭や新築・孫祝い・入学・卒業祝いなど、親戚・近所のお祝いが多く、繋がりと顔出しがその行動にあり、人との繋がりを大切にした「地域づくり」がここにあった。

震災で地区民がばらばらとなり、不幸事などは町の中の掲示と、人づての情報しか、震災後は知る術がない。私の行動は、志津川の町を築きあげた先人への感謝の気持ちです。98歳・94歳・87歳の地域を、町を基礎づくりに関わった人たちの死は本当に悲しい。

父の友達と、同級生の両親の逝去には、歩けるうちは是非出席したいと思っている。

スポンサーサイト

【 未分類 | CO:0 | TB:× | 07:00 】


TOP