FC2ブログ

ARCHIVE - 2018年01月

2018
01/02

大震災から共に歩む


2010年に新車として買い、翌年の3.11の大震災からも両親と共に助かり、6年9か月を瓦礫の中を走り続けた。私の身体の様にキズだらけの車体、昨日は身体のすみずみまでを、確認し洗って上げた。よくぞ瓦礫の町をここまで走り続けてくれた。
あれから車が有った事でどれくらい助けられたか。既に「18万キロ」も走った。愛車と共にあるような「我が人生」、最後まで共にと思っている。新車も考えたが、買えるような生活の状況ではない。

「忘れない2011.3.11、がんばろう❤ 絆❤ 南三陸町」の看板を掲げ、今も町内・県内と滑走している。

180102_125600.jpg
朝からお正月を一人、親と二人で「まったり」している。
テレビ三昧で、今年はテレビから「漫才」「コント」が消えた。8時からの箱根マラソンは、チャンネルを替え替え色々な番組を見た。結果、箱根は東洋大学が往路を飾り、二位の青山の山登りは1分30秒も縮めた。明日の復路が楽しみだった。山登りは法政の選手が10人前後を抜き、様々な選手が区間の中で活躍していた。長距離選手の憧れの大学の箱根マラソンへの思いがあった。
昨日・今日と「フェースブック」での友達との役取りをする。毎日「15件」前後に「コメント」と「いいね」を送った。繋がっている!

朝は8時に「草餅あんこ」と「雑煮」の昨日の残りを二人で食べた。昼前に千葉家の先祖の話を一時間、父に聴いて。祖母・曾祖父の話は初めて知り、その「ルーツ」を、父が元気な内にと聞く事ができた。親戚筋の時代の変遷には、志津川町内には私の血の繋がりが多いとの事が解った。

昼は父に大晦日の「年越しそば」の残りを作り、年越しの残り物の「天ぷら」や「蒲鉾」「卵とじ」として、準備し「美味しい・うまい。」と食べてくれた。色々と変化させた「めんつゆ」は、最近にない味に仕上がった。

誰も来ない年末年始の3日間が終わろうとしている。私の「原稿書き」も手が付かない状況だ。明日こそは頑張りたい。「父と将棋をする」が正月の目標にある。

スポンサーサイト



【 未分類 | CO:0 | TB:× | 07:56 】


TOP