FC2ブログ

ARCHIVE - 2017年12月

2017
12/23

仲間との会は勉強になる


2か月ぶりで「南三陸町さんさん商店街」に行った。
この日は友達をさせてもらっている先生の、被災地の医療に貢献している医師への功労賞が、全国医師会?から贈られた事への一部の友達の「あめでとう会」だった。南三陸町からは歌津地区の鎌田先生と、志津川地区からは佐藤先生が受賞した。私の糖尿病の主治医をしてもらっている。昨日も喉の弱い私は、4・5日前から咳が続き、咳止めの処方を貰い、同級生の小坂薬局で薬をもらった。
多くの友達に支えられ健康と会社を維持している。感謝である。

帰り道に志津川の低地部にできた、入谷地区にあった「蕎麦のすがわら」さんは、夜9時を過ぎても光々と店内に人が居て輝いていた。12月のオープンにこぎつけ、祝いの来客で賑わっているようだ。その隣の同級生の店も、今月開店の来客で賑わっていると仲間が言う。志津川の商店街からのお客さんも。新しい店への広い流れを生んでいるのだろう。

171222_182037.jpg
午後6時半からの商店街の「はしもと」での会は、コース料理で「先付」「刺身」「鱈の白子」「鍋」「肉料理」「タコ焼売」「かき揚げ」「サケのお茶づけ」まで、豪華な山海の料理を堪能した。美味しい料理に「芋のお湯割り」も薄めの5杯と、食べ過ぎ飲み過ぎながら、気持ち良い目覚めだった。しかし、血糖値は久々の高い値の「235」だった。朝はリンゴ一個とコーヒーのブラックで我慢したい。

171222_181957.jpg
帰りは大森地区を廻り、沼田の同じ地区に暮らす4人の帰宅となった。勿論、運転手はお酒を飲んでいない。「飲めない」運転手がいるから安心だ。紹介した低地部の新店で新年会をするか?」との話になった。酒も話も好きな仲間達だ。しかし、私たちの様に町会に「お金を落す人達」は貴重と思っている。町づくりは地域の協力なしには成しえない、一人一人がそんな「志」を持ち、一人でも多くの人が行動を起こす事が必要だ。私は「仲間と共に今後もこの町で!」との気持ちを新たにした。
スポンサーサイト



【 未分類 | CO:0 | TB:× | 07:15 】


TOP