FC2ブログ

ARCHIVE - 2017年12月

2017
12/10

命の道


昨日午前11時30分から「歌津IC」の開通式が開催された。国土交通大臣・高橋政務官、村井知事の代役の副知事の挨拶があり、次に防衛大臣・小野寺五典代議士と、南三陸町が衆議院の地区で編入となった5区の、安住淳代議士、そして衆議院議員井上義久氏の、この三人はテレビでも度々顔を見ていたので、一般人の気持ちが抜けない私がいて、こうした国上げての式典は、「こんな状況とだった」と、SNSで伝える事も今の職務と思っている。

一般質問での私の発言は余り町民には伝わっていなく、昨日ある人にこんな事を問いただした。「新庁舎建設の建設しないを了解したのですか?」と、返って来た言葉が「嘘ばかり!」だった。合併の両議会の「新庁舎建設」の決定は、町民の無作為のアンケートにより、8割が「建設しなくても良い」で、2割が「建設すべき」の町民の意向と町長は断言した。本当なのだろうか、私が政治に興味が無かった事の出来事だった。証拠が無い中で次々と、首長の権限で町民の願いが踏みにじられている気がする。これは「独裁町政」のこれからの助長にしか過ぎない。

171209_163439.jpg
南三陸海岸ICを午後4時30分に通過した。入口はこんな状態で、高齢者の増加が事故に至る危険は増大していると思っている。三陸道を「逆ストロー現象」と言い、商店街には半年で60万人が来てくれたと、声高に商店街の復興を言う。昨日の登米市から帰り海岸JCを下りた時、歌津地区に気仙沼市に向かう車は、私の後続車の全て(6台)が北へ向かった。佐藤町長の言葉には「今を造ろう」、言い訳としか私には取れない。
スポンサーサイト



【 未分類 | CO:0 | TB:× | 07:12 】


TOP