FC2ブログ

ARCHIVE - 2017年12月

2017
12/01

昨日は……


「USBがない!」、カバンに箱に入れていたUSBが見つからない。手探りで、カバンを反対にしても無く、会社に帰りもう一度確認すると、カバンに常に入れている「議員必携」の本の間に挟まっていた。ああ良かった。

議運の会議は初めての体験、先輩方の議論を見守り学ぶしかなかった。私の一般質問は2番目で6日の議会開催の初日、町長の4年間の初心の町政運営発表と行政報告に続き、午後から議員の質が行われる予定だ。

午後に仕事で南三陸病院へ、巨大な病院に日差しが輝き、「凄い!」と感じ、12500人の人口にこんなにも大きな病院が必要かとも感じた。
登米市の人口は「80600人?」と言う、10年間で8千人の人口が減ったとテレビが伝える。南三陸町から1千人以上が、震災後に登米市に移住しての、こんなにも大きな人口減に驚いている。南三陸町からの震災による住民移動が無ければ、10年で1万人が減少だった事も、まんざら現実と成り兼ねない。
全国に及ぶ地方の人口減少は収まらない。宮城県では仙台が人口の上昇があり、次に大崎市の人口が増えていると言う。仕事場所があり生活環境が整っている場所の拡大がある。東北道と新幹線が走る、交通網が整備されている場所が発展している気がする。登米市では移住者を対象とした、イベントに力を入れている。危機感の現れで、我が町では「交流人口の拡大」を推進する。交流人口は町づくの将来には繋がらないと私は思っている。

171130_151056.jpg
明日の東団地のJ・I棟への「宮澤さん長野ネギ」の配布にあたり電話が有った。「隣の方が仕事なので、代わりにネギを頂けますか。」との事だった。「大丈夫ですよ、持って行って下さい」と伝えた。午後には西地区のA・B棟にも日曜配布のチラシを配った。一人でも多くの人に、宮澤さんの想いが伝われば思っている。

夕方、後輩が「町の対応が遅い!」と苦情を言ってきた。一町民が相談に行っても、無理ですと一言で終わりだと言う。彼は入谷地区の「岩沢団地」で、今は20棟ある仮設に一人住んでいると言う。多くの問題を抱え、彼の住宅再建の見とおしは程遠いようだ。多くの問題を抱える人たちが会社に来る。私の出来る事から一歩ずつ町民と行政に問題に関わって行きたい。

夕方に登米市の用事を3件、友達は登米市の方と交流を深めていた。晩御飯は「かっぱ寿司」で済ませた。
スポンサーサイト

【 未分類 | CO:0 | TB:× | 06:43 】


TOP