FC2ブログ

ARCHIVE - 2017年11月

2017
11/28

いろいろな人が「おめでとう」と


昨日は田尻畑の方へ、本浜営業所を廻り、役場・議会の用事を済ませ帰宅する。営業所の慰霊塔の両脇の電柱はこんな感じです。隣では電話工事が進んでいました。
町中を走ると色々な様変わりの光景に、写メを撮りたくなる。しかし、路上停車は大型トラックや交通の邪魔になるので、発信の為とは言っても交通妨害は避けています。また、葬祭場の前を通ると、また死亡の看板が出ていた。友達は言う、「死亡の看板を見ないと、誰が亡くなったか判らない」と、人知れず共に生きた志津川地区の住民が、天国へと召されている。こんな現実で人との繋がりが密になる事は難しい気がする。

最近は救急車やパトカー、そして消防車の出動のサイレンを会社で聴く事が多い。今日の知人のフェイスブックを見てビックリ! 、「ゆきとり大森」さんでボヤとなったと、遠藤さんが自分の火の管理を悔いていた。
毎日の生活の中で「慣れ」が生んだ気の緩みだった。私も今年の仕事での「大失敗」を反省と検証をして、再発の防止に努めているものの、時折の多忙の生活で気が緩む。昨日も「ミス回避」を従業員と再確認した。
私の仕事の多さがミスを生んでいるのは理解しているが、今出来る事をしたいが、私の生きる意味を持つ。

昨日も広島の南三陸町への支援団体の方が電話をくれた。来年は大震災から7年目を迎え、2011年3月11日以降に生まれた子供達に、年齢・男女に合わせたプレゼントを贈りたいとの考案に、「良い考えですね」と答えた物の、至難な事だとよくよく考えると思う。

日馬富士の暴行問題は、貴乃花親方の態度や白鳳の万歳三唱の行動に違和感を持つ。理事長はその立場で最善の発言と行動をしているが、場所中ということもあり、今日から警察と協会が本格的にこの問題に取り組む。

「清濁併せ呑む」も知らないのか。友の激励と受け止めました。
スポンサーサイト



【 未分類 | CO:0 | TB:× | 07:09 】


TOP