FC2ブログ

ARCHIVE - 2017年11月

2017
11/21

もらい物で大ごちそう


テレビをチラ見しながら食事の準備、タコの豊漁を商店主が紹介していた、これまでのタコの水揚げは、3年前の2015年が「35トン」で、昨年が「75トン」だった。漁期は9月~2月? だと見たが、今年はまだ中盤にさしかかった時点で、「175トン」と異常な水揚げ状況となっている。
昔の状況を知る術を持たないが、私が中学生の頃には、「タコ開口」があり、親戚の「ぜんこちゅん」の船に父とタコ釣りに行った。その頃とてタコがいっぱい釣れた訳でなく、最後に私の仕掛けが何かに引っ掛かった。ぜんこちゃんは仕掛けの糸を掴み、勢いよく糸を手繰った。「釣れてるぞ!」と船べりまで来て、タコの姿が見え始めた所で、「するり」とタコは海底に消えて行った。また、友達とのアナゴ釣りでも、夜中に「重い」と船頭がアナゴの釣り糸を手繰る。「タコかもしれないぞ!」と、引く手に力が入る。これもまた船べりまで来て、するりと闇夜の海底を泳いで行った。タコ釣りの体験はまだあるが、一度としてタコを釣った事はない。しかし、そのみんなで行くタコ釣りの、楽しさが記憶に残っている。子供の頃の思い出が多い。

CIMG6630.jpg
昨日は二人の友達が野菜を各種類届けてきてくれた。我が家は二人暮らしながら、私が料理を作り、父が少し料理を食べる程度だ。
大根・白菜・みずな・春菊・あぶら菜? など、新鮮なうちに食べないと、美味しさが半減する。「大根とイカの煮込み」「春菊とわさび菜のお浸し」、「油菜とさば缶の煮物」は自分が料理し、「大根の酢漬け」「サケと野菜の天ぷら」は貰いもので、ビールも頂き物です。
冬に向かうこの時期に、こんなにも多くの野菜が、南三陸町で獲れる事に驚いている。今が旬の自然の物を食べる事は、健康にも繋がると私は思っている。少しのアルコールがあれば、至福の食卓で、それを自分が全て演出をする。
「よぐやるな!」と友達は言う。「好きこそものの上手なれ」を地で行っている我が人生、これもまた私の一部分です。

今月は後輩達との「忘年会」も企画する。50過ぎた独身4人での忘年会、行き着く所は「色気」となりそうだ。

スポンサーサイト



【 未分類 | CO:0 | TB:× | 07:21 】


TOP