FC2ブログ

ARCHIVE - 2017年11月

2017
11/07

目の前の問題(壁)を一つずつ


60歳を過ぎたら忘れ物が酷くなった。これには「持病の糖尿病」は関係ないようだが、40・50代の皆さん生活習慣病を「大丈夫!」と言わず、今直ぐ受診をして下さい。
昨日の「カメラ紛失」は、行動を再確認し、講演会場に忘れた? と確信、知人に電話を入れると「預かってました。」と言われ一安心。何故かと言うと写真データに、5日の地区防災訓練の風景が入っているからです。報告書資料に写真添付の庶務の役目があった。今は何の問題も無く日々を生かされています。
我が社の「マイタウン誌」も昨日第69号の編集印刷を終え、新聞店と志津川町内の「震災復興住宅」に配布を予定している。今月は先月の選挙結果の掲載、9月の議会の議員の一般質問内容、志津川本浜町の三人の画家たち、5日の産業フェアで一面を埋めた。裏面は「7月の出来事」、我が社の喪中・年賀チラシ告知とした。配布は12日の第二日曜とし、志津川の低地部の「本浜営業所」の設置ポストにも今月から入れて置く、興味のある人は自由に持って行って欲しく、震災慰霊塔にも手を合わせて頂きたい。

生協のチラシが「岩泉ヨーグルト」の販売開始を告げる。2個も注文し来週には賞味できる。台風被害から一年越しに、こりヨウグルトを食べられる。全国からの支援と地域の復旧活動を通津なから、工場の再建を進めていた。
18・19日と同級会を予定している。都合により来られない仲間が多いが、ゴルフ仲間とのへたなプレーを楽しみ、夜は秋保のホテルで楽しい一夜を過ごす。楽しい席での「大酒」は、嬉しさの爆発だが、何時もこれで失敗する。これだけは肝に命じて置く。

自殺者が年間「2万2千人」と言い、その内の10代20代が、ガンなどの病気による死よりも多い。人口減少の問題に取り組みながら、この事を真剣に議論し対策を講じないと日本は疲弊して行く。若者たちの力にこの国は係っている。何でも優しい若者への支援だけでなく、強い精神力・郷土愛の精神の強化を私は言いたい。「なにクソ、負けるもんか!」と、生きて行く事に情熱を傾け、家族・友だちの為に、そして自分の為に頑張る事が必要だ。一人一人がそんな気持ちを忘れる事無く、皆さんで頑張って欲しい。私たちも応援します。最近の若者の事件はそのしわ寄せが、最悪の状態で現れていると私は感じる。
スポンサーサイト



【 未分類 | CO:0 | TB:× | 07:23 】


TOP