FC2ブログ

ARCHIVE - 2017年10月

2017
10/25

町に変化が見られている


千葉印刷本浜営業所は小さいユニット、友だちの歯科は本格再建で、綺麗で歯科にしては落ち着いたたたずまいと、明るく広々とした診察室が完成した。志津川市街地にはまだ商店・事業所再建は疎らで、車でないとここまで出掛けてくる人は少なく、そんな町づくりの姿は観光客対応で、被災した商店街の再生となると、これまでの町の姿から大きく変わった。ここでの震災前の商店経営は厳しいと感じる。そして、商店街は町の商店と大型商店に二分され、以前の市街地がどんなふうに変わり再建されるのか想像も付かない。とにかく、友達・商店の再建・生業のスタートにおめでとうと言葉を贈りたい。

現在、寝る前の軽い運動を続けている。少し太り気味の身体のお腹をへこます為と、糖尿の血行不良対策です。立ってのつま先立を50回、腕立て伏せ30回、足揚げ腹筋60秒、足の振り上げ30回。意外と脹脛と腹筋が痛い。3か月余りの効果なのか、以前の74Kから71K代となった。ブログ開始の10年前のプロフィーに体重「68K」とあり、その体重を目指し寝る前の「ルーティーン」を続けようと思っている。意外と寝る前の運動で直ぐに眠れるようになった。

CIMG6400.jpg
≪教育委員会改革≫
3期の町議会議員から、旧町1期・新町「南三陸町」町長を3期、今回の選挙で更に1期の4年の町の舵取りで、町長として19年間する事となった。
「あの町長で無かったら、この町のここまでの再建はできなかった。」と先輩は言う。悔しいが私もそう思う。しかし、多くの疑問があり闇の部分を感じる。教員長人事がそれある。

新し好きの佐藤町長、佐藤町長の初仕事の一つに、「教育長公募」があった。町のPTA連合会の高い位置に着き、町外の教育者やPTA関係者の繋がりもあり、公募前から決まっていたかのように、仙台市教員委員会の所属する校長を登用した。片桐氏がその人である。「自分の言いなりになる教員長」の確保の、政治戦略があった。教育委員会へのパイプを確かな物とする、教育長の人事はこれまで行政が深く関与する部署ではなかった気がする。歴代の教員長は、自分の新年で町の教育を考え、政治的な繋がりを断ち教員者として、児童・生徒の教育の環境整備にのみ全力であたり、行政がそれを支援して行く体制で、「町教員委員会」があった。教育の場に政治の介入は望ましくなく、地元で教員現場のトップとして、教育の場に携わった校長・教頭経験者が、教育界の時代の流れの変化をキャッチし、後輩の校長や教員と連携し、学校教育の問題や対策にあたった方が適格だと思う。
(つづく)

スポンサーサイト



【 未分類 | CO:0 | TB:× | 06:44 】


TOP