FC2ブログ

ARCHIVE - 2017年10月

2017
10/03

佐藤町政の町づきり継続反対を旗印に!


独裁政治は平穏な時代・社会にはいらない。
安倍政権の「国難突破解散」は一体だれの為だろうか。「森友・加計問題隠し」が一番で、臨時国会の追及の支持率低下を危惧した。小池都知事の「希望の党」の誕生は、安倍さんには寝耳に水だっただろう。民進党のゴタゴタで、自民の指示率向上も、突然の小池氏の国政への参画で、ワイドショーは日々話題に事欠かない。
「韓国のミサイル・核の脅威」は日本だけの問題ではなく、世界の問題なのに、日本の危機と声高に言う安倍総理の顔は、変形している気がする。アベノミクスは日本銀行のジャブジャブと市場への、景気拡大を図るための政策で、バラマキによる為替・株高がある。経済ジャーナリストは「ハイパーインフレ」も懸念していた。国民の税金は100兆を超え、国の年間予算を越えた。借金財政からの脱却で、将来にツケを回さない為に、社会保障・医療費拡大を改善する為に消費税は10%だったのに、子育て・教育無償化と言う、国民に聴こえの良い響に騙されてはいけない。国民の血税での政治の一党独裁、自公与党の権力の継続は、国での議論の無いままの、私利党利の為の温床となっている。

DVC00007.jpg
野党もしっかりして欲しいが、意見の違う「烏合の衆」では、国民の生活の安定は無い。小池党は若狭氏では、貫録も感じられず「何が何でも小池百合子」しかイメージは無い。若狭氏・細野氏や、自民の復興副大臣、都連の民進党会長の松原仁氏? など選挙で当選する為の「希望の党」への入党は、個人の夢を叶えるため」の野合と言う声・姿も感じられる。我が宮城県南三陸町の選挙区には、小野寺五典氏や安住淳氏がいる。安住淳氏も「小池新党」に入れなくて良かった。自己の政治信念を通す人間を私は支援し、比例も真っ直ぐな党に一票を入れたい。

道の駅・人口減少・防災庁舎・大震災の礎・長期政権に突き進む、「佐藤町政継続反対!」と選挙で叫び続けたい。町の経済はねじ曲げられ、町外から若い世代が「町政におかしい?」と立ち上がった。

≪6月の町の出来事2≫
◆南三陸町内の小学6年生が、家庭から出るゴミの再生エネルギーに換えるバイオマス施設を見学した。循環型社会の仕組みと、資源の大切さを学んだ。
◆南三陸町名足小学校で12日、プールの落成式が行われた。15日には、プール開きが開催されることとなり、児童は初泳ぎを心待ちにしている。
◆南三陸署では、12日歌津で不明者の捜索を行った。歌津中山湾港周辺で署員7人があたった。12日現在で不明者が211人いる。

「ローソン志津川店(沼田)で特殊詐欺を防ぎ、南三陸署から感謝が贈られる。5月19日午前10時、町内の女性(62)が電子マネーカードを購入するために来店した。9万5千円の電子マネー購入に女性は迷い、店員に声を掛け、高額だったので特殊詐欺に遭う恐れがあると、説得し警察に相談した。2016年の詐欺被害は、270件約6億6500万円の被害で、今年は4月末で93件、1億5100万円となっている。」

「志津川高校では公立高校で初めての学習支援センターを開設する。6月9日『志翔學舎』として開設し、生徒の学力や魅力の向上を図る。運営は東京のNPO法人キッズドアに委託する。運営費は年間1200万円で、町のふるさと納税を活用する。」

◆南三陸町は志津川・石巻郵便局と、町民の安全生活確保のため協定締結へ。

「6月定例議会の一般質問の、菅原辰雄議員は「震災復興途上での佐藤町長の町づくりを維持する必要があり、今秋の町長選挙に対する覚悟を聞かせて欲しい」と質問した。それに対してこの14日に、次の町長選に出場の表明をするとした。6月28日に記者会見し、政策を発表すると語った。前回町長選に立候補した小野寺氏は、「今のところ白紙」と答えている。」

◆南三陸町志津川中央団地の「災害公営住宅」で、13日夕方供用電源トラブルで停電が発生した。給水もできなくなり、全76世帯が断水したほか一部のエレベーターが使用できなくなった。13日の午後9日には仮復旧された。
◆南三陸町議会は、家賃未請求問題の原因究明に特別委員会を設置。
◆南三陸町は宮城6区(気仙沼・登米市・栗原市など)から、5区の石巻圏域へ改正公選法が変更され、次期衆院選が適用となる。


スポンサーサイト

【 未分類 | CO:0 | TB:× | 05:39 】


TOP