FC2ブログ

ARCHIVE - 2017年10月

2017
10/01

元浜営業所に意見ポスト設置


東日本大震災の風化防止! 23.3.11を振り替える復興の歩みを「南三陸マイタウン情報」で確認ができます。(南三陸町千葉総合印刷株式会社→検索)

そんな場所として志津川市街地再生の換地で得た土地に、会社の営業所を設置しました。町民が住まない誰も居ない所に営業所を設置しても、来客など来ないと思っている。しかし、「何かをしないといけない!」との気持ちで、慰霊塔を設置し震災からの復興の話をする事を望んでいる。
先週に営業所のユニットに、震災前の志津川市街地の風景、以前の本浜町周辺の配置図、現地の場所が大震災前の何処に当たる場所かの、町からの換地の図面を掲示した。どなたでもいつでも慰霊と掲示板を見る事ができます。
震災前の我が家がどの辺なのかを、この場所から想像し当時の事に思い出して欲しいと思います。

私の活動は、南三陸町志津川からの震災からの復興の歩みの発信と、消滅した町を忘れない為の「語り」と「画像」で伝えていきたいが、この場所の最大の目的です。これ以上の行政の政策の失敗は出来ない、こんな危機感を発信する場でもあります。

10月22日の選挙では町外から南三陸町に暮らし、多くの町民・事業所の町の復興の不信感を聴き、何とか政治行動を起こし、町民の生活、町の将来を明るい物にと変えたい精神が伺えます。もう町には若い気骨のある人間が居ないと先人達は言う。立候補説明会には60歳を超える方が多く、若い人の数は3人ぐらいに思う、自分の町の将来は若い皆さんが創って行かないと将来は無いです。人任せの町づくりでは、若い皆さんの住む、父母・租父母が安住となる町には決してなりません。候補者の主張を本気で考え、投票行動を行って欲しい。
スポンサーサイト



【 未分類 | CO:0 | TB:× | 10:55 】


TOP