FC2ブログ

ARCHIVE - 2017年09月

2017
09/25

私利私略の国政・地方政治

「党利党略」「派利派略」と言う今回の安倍総理の「衆議院解散」。今日の午後に記者会見をすると言う。「働き方改革」「仕事人内閣」など、事ある毎に安倍総理の記者発表は、「自分を自分褒める」と言う、メディア露出方法で、自分はこんなに国を考えているとの、自画自賛にしか聞こえて来ない。
加計学園の岡山理科大で「オープンキャンパス」が開催され、四国の獣医学科が建設されるとの加計氏の、安倍総理の特区政策への後押し行動と見える。まだ開学の審査中である。友達・仲間政治はもうたくさんだ。
国連からの外遊でも、夫婦でタラップから降りる二人の姿は、国政の混乱を何とも思ってない姿に見えてくる。「政治不信」が募るばかりだ。
私だけではない、現在の内閣の混乱で、身内の内閣府副大臣の福田氏が、小池新党に自民党を抜け合流する。これまでの国会の「真実を隠す」、こんな政治に「うんざり」なのだろう。国会議員と官僚の嘘と隠し事への、内部反発と私は感じ讃えたい。民進党からも、そして「日本のこころ」の中山代表も小池新党への合流を、党を離れる行動をとる。昨日の中野正志氏の日曜政治討論の姿に、隠れ自民党なのだから自民に行った方が良い。討論のこしを折る発言にもう「うんざり」していた。

170924_112112.jpg
昨日は洗濯をする。独身男性の仕事であり、独身でも清潔にしていないと、人は寄り付かず、生活が乱れる怖さがある。
国民の心は疲弊し、被災地の生活や、若い人たちの独身主義の拡大などの問題の中で、「安倍のミクス」の成功と、第三弾と言う安倍総理の政策は、日本国民の持っている「底力を削ぐ」政治手法に感じる。消費膳の10%は31年の10月から予定どおり実施し、1%の1兆円を子育て支援に充てると言う。それよりも高齢者増の社会保障と、国民意識の改革が急務だと私は思っている。人間の持っている「自然治癒力」「社会適応力」など、子育て家庭で国が成っている訳ではない。以前の強い国だった頃の時代を思い出して欲しい。

170924_143701.jpg
昨日も「三滝堂」道の駅に野菜を買いに行った。
私の欲しい「なす」は無かったが、駅の買い物場の通路は行き違いをするのにも大混雑で、その盛況ぶりは道の駅の効力を最大限に発揮しているからだろう。
我が町の「道の駅構想」の町長の提案と、商店街の提案を元にしたの、商店主たちの構想があり、他の「道の駅」とは考えが大きく違う。
この計画実施にも、南三陸町の「農協」「漁協」の勢いが消えうせた感がある。道の駅の主導は第一次産業の、農家・漁師ながら、「商工」の関係者の力が町長の後押しで、町の中での勢力が巨大になっている。私の知る漁協の組合・その幹部の力の凄まじさは、行政も従う程のものだった。現在の漁民を守る漁協は、行政の力無くして存在も難しいのか? 決してそんな事は無い。若き海のリーダーに地元の漁業の継続の為にも、行政にしっかり「物言える」、昔のような商店主がならう、漁業の活気と隆盛を昔のように取り戻して欲しい。
私は現在進む道の駅の商店街に駐車場整備の為の構想は反対です。商店主が価格を決めるなどナンセンスで、道の駅の在り方を破壊する行為と思っている。

170924_155136.jpg
イオンに買い物に行く。
下着がパンツ4枚で1900円だ。パンと大好きな「銀だこ」、つまみの買い物も2000円と、その格安で贅沢感を味わってきた。町がこんな一部の人間の為の町政から、私もこれに対抗する行動が、時々行く買いだめ行動にある。
銀たこ店には家族連れやカップルが列を作り、子供達の声が賑やかに、店内に溢れている。昔のような喧騒はもう我が町から消えて行く。それも年々とだ。あるのは観光客の町の誘致活動だけだ。

選挙でこんな生活を望むか? 考えないといけない。昨日は「千葉さん町長にでらい!」、こんな話しも聞こえてくると言う事は、我が町には人財が居ない事を意味していると感じた。




スポンサーサイト

【 未分類 | CO:0 | TB:× | 07:44 】


TOP