FC2ブログ

ARCHIVE - 2017年09月

2017
09/23

線路の跡地の裏に震災前の志津川の町が脳裏に浮かぶ


先輩に言われ「田んぼアート」の場所へ行った。今年の日照の低下と台風の影響か、赤米の色付きが悪いのか、高台が近くにないのか、アートがなかなか見えにくい。来年はその辺も考慮して作付お願いします。
ここは中瀬町の志津川高校下の、墓地に向かう途中にあった。震災前は家々の隙間に田んぼがあったと記憶する。気仙沼線がその裏を走り、また裏には志津川の市街地があった。この写真だと、以前のままに町並があり、「高野会館」の頭が見える。そんな感じにも見られる。

「田んぼアート」はタコだろうか? これも観光の一端だろ。6年半で初めてこの場所で稲作を行った。日照もあるが中瀬町の圃場した田んぼは、収穫の大部分が牛の飼料用となり、その引き取り価格も高いと聴く。
町が復興しているとのアピールの一つとしての事業であり、1200万のコンバインも町の補助・国県補助からだと言う。これは見せかけの復興か、一歩ずつ進んでいるかは、各々が判断すればいい。

IMG_4959.jpg

隈研吾氏の「国立競技場」の設計建設に、南三陸町の商店街を設計した繋がりで、「南三陸産材」の活用が大きく期待されている。昨日の新聞に競技場のイスへの木材使用はコストがかかるからと、木製イスの使用を取りやめたとあった。隈氏の建築設計家の名声が判るが、その名声と言う言葉だけが、町内の設計した建物に伺える。建設関係者は言う、工期は短く、建設費も安い。正にゼネコンが下請け・孫請け状況が、南三陸町の復興にも垣間見られる。

金沢の「つつみ門」や「雷門」に隣接する建物の設計は、木材を使用した画期的な構造は、世界に誇れる「日本建築」を感じる。地元の建設会社での商店街の設計でも、勝るとも劣らない物が出来た気がし、町民の愛着と震災支援の方々も喜んで来て見てくれた気がする。

南三陸町の7月に完成したスーパー街「アップルタウン」に、有名なラーメンショップの「幸楽園」が完成した。多くの町民が店を訪れている。震災から再建した町内のお店に影響があるのは必至だろう。今日は雨、寂しさと大変さを増して感じる。
スポンサーサイト



【 未分類 | CO:0 | TB:× | 07:55 】


TOP