FC2ブログ

ARCHIVE - 2017年09月

2017
09/17

政治は個人の為のものではないのに

政治家・官僚の行動・発言にうんざりの時代となった。
自民の二期生の発言と、政治家と秘書の当選する為なら…何でもする、など、人を人とも思わない物として利用するかのような事件が、次から次と起こっても同等の事が続いた時期から、落ち着いて来たのに。
今日のニュースで驚かされた。世界の会議や外交で政府専用機で飛び回っていたのに、公明党の山口代表との18日の会議に於いて、28日の臨時国会の席上で「解散も排除しない」と言う発言をした。22日の衆院補選を後にとも言い、その結果で解散をすると言うのか。自分の都合と政権を獲得する為に時期を、自分の為に設定する。それは自民党の為だろうが、決して国民の為の行動ではない。国民は怒るべき思うが、優しい国民は平和ぼけしてはいないだろうか。
民進党のゴタゴタで支持率が自民党が少し上がり、加計学園問題の収束と信任を獲得するための政治戦略に走っている。北朝鮮からのミサイル発射問題がある。私も決してグアム島にもアメリカ・日本にも発射しないだろうが、政府の対応は堅実が必要なのに、総理も私のような凡人の考えで、そうでなければこの時期の解散はあり得ない。
我が町も国政も、本当に似てると今の政局をみると思い、こんなにもやる事が同じだ。これまでも政治はこんなものだっただろうか。

170916_141257.jpg
台風18号が巨大な勢力を維持し北上している。大きな被害情報はまだないが、960HP前後のパワーを維持し、最大風速45mの予想も出されている。
そんな中で今日の午前10時から上山八幡宮で、来年入学する小学1年生の「稚児祈祷」が、震災途上の迷路の道を、上の山へ若い家族連れが向かっていた。

昨日は上得意の入谷の及川魚屋さんに、父の希望の「ヒラメと刺身」と、自分の好む「カツオのたたき」を買いに行った。店の川向には入谷地区の八幡神社の一本松の小さな広場があり、そこでは神社の神事や打ちばやしの踊りの奉納が行われる。日時は判らないが大のぼりも立てられ、その前の水田には今年の日照不足の中でも、黄金色の稲穂が一面に生い茂っていた。今年もきっと豊作だろう。

IMG_5081.jpg
町の地区配布物に入谷地区の若者達と子供が映るチラシがあった。花見山構想が入谷地区にあり、入谷「ひころの里」の裏のババ山の斜面に、桜や各種春花木で山を色どろうと言う、「桃源郷構想」が入谷グリーンツーリズムの活動で進められていて、チラシ「花見山ランドがオープン!」もその一つの活動と思う。「入谷の田んぼに、みんなの遊び場」と記されてある。
入谷地区に暮らしを希望する被災者はない。と首長が震災後に言っていた。人口減少が進む南三陸町の中で、人口が増えているのは入谷地区だけである。またの想定外の町の姿がある。
スポンサーサイト



【 未分類 | CO:0 | TB:× | 07:35 】


TOP