ARCHIVE - 2017年08月

2017
08/20

新風はどこへやら


選挙に長けているというか、それしかないか、新しい人材と町政に魅力を感じないか、野望を持っている人を、現職が「つぶしている!」か、色々な理由が考えられる。
常に町政がし易いように、議会体制対策に熱心な首長は、無競争の町長選を造りだし、与党(町長派)対策も、もっと強力な数の力を作り出そうとしていた。
2期前には戸倉地区の小学校プールのアスベスト問題で、町長に圧力をかけた方は、地盤から対抗馬として、以前の選挙参謀を見方に付け、行政職員を立候補させ、思い通りに当選し、現在も町長の町政が堅実に進む体制を作った。
野党や中間の議員は、諸々の状況の中で議員を前期に辞め、新しい体制でその数は増し、町の提案は全てが原案通り可決と言う。町長が進めたいように町政が実施され、何の生みの苦しみも無く、15年目から16年目の5期と町長の任期は続く事となりそうだ。
邪魔ものはあらゆる仲間を利用し、工作を講じて蹴落とす政治家としての、国政と同じ方法で町政を進めている。後継者や今後の町づくりも、「お前が将来の首長と!」と甘い言葉で、ゆさぶりと誘惑をしていると議員は言う。

議員も無競争と言うが、巷では町にある団体を職員の反発で退職した人間を、議会に入れる事の工作が裏で進めている気がする。そんな政治の議会までぎゅうじる政治姿勢は、議会の「行政の審査期間」「町民代表を利用」などを歪める、民主主義への冒涜である。
議員定数問題も与党と言う議員は、総てが現状維持ながら、野党の議員も「立場保身」への行動は現状維持とした。16人の内の議長・副議長を除く14人の採決では、10対4で「現状維持」と採択された。一番若い議員と最高齢の議員、元職員の唯一の女性と、前回の選挙で公約に定数削減を訴えた前回の議長で、この採決でも町長派の力の維持の為に「現状維持」になった。何年まで佐藤町政が続くのか。

こんな南三陸町の政治の姿です。地元新聞は、町長・議員とも選挙は、2か月前の時点で「無競争の公算」と分析していた。町民の生活・環境再建よりも、政権の維持が一番と言った形を、そのお仲間も全力で「佐藤町長指示」で、同等に政治工作に加担している。何故ならそこには「甘い蜜」があるからだろう。
スポンサーサイト

【 未分類 | CO:0 | TB:× | 07:12 】

2017
08/19

宮城は28日連続雨


海水浴場の風景は、7月6日日曜日の写真です。
今年から7年ぶりの7月15日の志津川のサンオーレの海開き、早くその賑わいを伝えようと待ち望んでいましたが、やはり雨模様で撮影を諦め、いつまでも待てないと、8月6日に以前の賑わいが少し戻りました。しかし、昼ごろ1時間すると、カメラのバッテリー切れ、何とか収めた写真です。

あれからも天気の好天は、週間天気だと来週の24日金曜日に晴れマークとなりました。今日で29日間連続雨となりました。年間4万人の予想も、先週で1.5万人で、私が行った時が「3300人」と最高の人出でした。今月20日の明日日曜で海水浴も終わり、長い眠りに入ります。

【 未分類 | CO:0 | TB:× | 08:00 】

2017
08/18

震災から7年半


志津川中学校からの津波の光景が映し出され、町が家が濁流と共に陸の奥へ、その後、海底奥底まで町を思い出を引きずり込んだ。この姿を誰が今語っているだろうか。もう人々の災害を語る事の風化は始まり、昔の志津川など語る人も無くなった。津波で家族を亡くした人だけが、静かに仏壇に手を合わせる事だけだろう。

一次避難から二次避難、そして仮設生活が半年後から南三陸町で始まった。志津川中には約90戸の仮設が建設され、多くの支援者が住民を訪ね、志津川地区では一番多くの支援があったとも言われる。
私の受け皿の長野県飯島町の野菜の物資は4回、慰問は1回。広島の「愛の福袋活動」は、高齢者や知人も多く暮らした、仮設に福袋を持ち支援者を案内した。最後の昨年には同行したオペラ歌手の方と、仮設の人達が共に童謡などを歌った。多くの物資で住民の笑顔を作った事を今も忘れない。
あれからこないだ中学校へ行くと、学校と仮設の網の垣根はボロボロとなり、住人の多くが公営住宅や新築の家に引っ越し、現在は約15世帯が残るだけとなった。9月10月にはまた残った方々が、引っ越していくし言う。仮設は今年の天気で湿気によるカビ発生が、これまでにない状況と住民は話していた。

170816_104519.jpg
写真は田尻畑地区の菊のビニールハウスが整備されていた。地元のブランド菊「黄金郷」を生育の再建ハウスが整っていた。

震災の翌日にここを通った。家々は流失しハウスは津波で折れ曲がり、アスファルトは津波でめくれ、遺体が散乱していた。総てが一か所に固まって被災していた。あれから花のハウスが、震災後の1年目には数億の再建補助金で、菊の栽培が始まった。

【 未分類 | CO:0 | TB:× | 05:47 】

2017
08/17

今回が最後かも

170813_173627 (1)
13日に叔母が神奈川から墓参りに2泊3日で来た。突然、体調を崩した従弟が来るのをやめ、新幹線で仙台駅まで来て、東口からはホテルのシャトルバスでの来町となった。初めての体験のホテルのバスは2時間以上も掛かり、80歳を前の叔母にはキツイと言う。「電車があれば楽なのに!」と愚痴る。
5人での帰郷の予定は突然の2人のキャンセルとなり、お盆料金のセンセル料を考えると申し訳ない限りだ。町内の墓から従弟4軒の送迎は本家として当然の役目と、初盆来客を横目に動く事となった。
知人のフェイスブツクで知った「天皇皇后陛下御泊りの記念碑」。玄関までの叔母を送った折に写メをやっと撮る事ができた。お盆の忙しいホテルの誘導員の中で、撮った二枚の写真がこれである。
170813_173600.jpg

「南三陸 ホテル観洋」に新しい名勝発見
2011.3.11発生の東日本大震災に、天皇皇后両陛下が南三陸町に2回来町された。
宿泊したホテルに記念碑が建立されていた。

日本の象徴として末永く南三陸町を見つめて欲しい。

「天皇皇后両陛下
  行幸啓記念碑
   平成26年7月22日
     南三陸 ホテル観洋」

たくさんの元気をありがとうございます。

確か二度の来町が震災後にあり、二つの記念碑が町にはある。しかし、町民は生活する事でいっぱいで、町内のお寺にある記念碑は、墓参りに行った故人の家族が手を合わせるだけだろう。

2011.3.11の「東日本大震災」の慰霊碑の巡礼で、津波の悲惨さと慰霊での来町者への語り部の活動は、今後、実施して欲しい活動と思っている。南三陸町の町民は生きる事に精いっぱいと、一部の人達は儲ける為と、町は財政を確保する為に一生懸命だ。

議員年金の復活が国会に提出されると言う。厚生年金と同じ制度を利用すると、公務員と同じ労私の折半で、また国民の税金が投入される。10年以上の掛け金で最大約170万円が支払われると言う。本当に国会議員は自分の保身的な法案を通し、国民への社会保障は年々減額されている。10年以上の年金掛け金で支給がされる事へ進む。新国民年金も10年掛けると、貰える制度への変更となる。月々16000円の掛け金で、最低月16000円の支給となるようだが、その支払い年齢が65歳から70歳とか、厳しい生活が垣間見られる。日本の社会保障・医療負担増加など、国民の生活は生活弱者の「生活保護世帯増加」と生活格差の拡大が加速する。40代の働かないで家にいる子供達の事件発生は、こんな所にも起因すると思う。

【 未分類 | CO:0 | TB:× | 07:41 】

2017
08/16

高速道路整備は都会に近く 過疎化は拡大へ


お盆期間中も登米市津山町から南三陸海岸インターまでに、一部区間の通行止めが一回だけラジオ放送を聴く。
お盆前には逆行で初めての死者がでて、私が大型トラツクの故障で通行規制に捕まり、まだ三度の通行止めだけだ。
交通ルール無用の、インター出口での、インター出口での出口から入口への危険通行を目撃している。私一人で2件の違法交通の横行は、もっと数が多いと思う。南三陸町の通常の交通量が少ないからとの思い込みだろうが、事故への遭遇は必ず相手への影響がある。「車が少ないから!」は、地方での高速走行を理解していない。
逆行の事故が高齢化による、高齢者の運転ミスかは断言できないが、必ずと言ってよいほど「死亡事故」に繋がっている。私の父は免許が無いから大丈夫ながら、高齢世帯では車がないと、我が町での生活は不便だ。お盆に知っている方は90歳を過ぎても、一回で免許の取得を受けた。反面、危険行為から両親の免許取得の停止を子供は決断した。それを知る人は「おとなしくなったよ。」と、以前の元気が無くなったと言う。高台に散らばった南三陸町の生活は、高齢者には近所付き合いの低下と、それによる引きこもりが「認知症」の増加とならないかが心配だ。

170805_181605.jpg
こないだスピード違反者を「覆面パトカー」の、検挙が目の前で起こった。「随分飛ばしているな!」と二人で話していると、続けざまに高速車が、行ったと思ったら赤色灯があがった、「前の車止まりなさい。」と指示が飛んだ。スピード違反の検挙だった。
区間は河北インターと河南インターの中間だった。石巻以楠の高速道の違反車両の検挙は目にするが、今回の場所は初めての事だった。これまでの一部のドライバーの、ルール無視の違法な交通に、高速隊が本腰を上げたのだろうか。

お盆も今日で16日、御霊の御帰りがこの辺ではあたる。我が家の初盆もだいたい終わり、通常の生活へと世間も戻る。我が社は行政が休まないように、行政からの仕事で何とか経営を続けている。地元業者の各業種事業所が激減した町の経済は、震災復興が終わる残り4年ながら既に仕事が無いと、多くの事業所が言う。行政は町の総ての事業所を守る、政策の実行・実施で、町の存続を図って欲しい。

【 未分類 | CO:0 | TB:× | 10:20 】

2017
08/15

今年のナスは不作


日曜日にミニトマトが次々と赤く色づき、「収穫時期ですよ!」と作物が話す。ジャガイモの収穫が終わり、掘りたての皮の柔らかいジャガイモは最高に美味しかった。次は「ナス収穫」の予定だったが、日照か、土が合わないか、苗が悪かったのか全滅だった。たった2本だけど! 
写真の通り青シソの生命力に、その威力に羨ましさを感じる。伸びすぎて育った物を抜き取るも、落ちた多くの種から次々と芽が出てくる。今年はピーマンを2本植えたら、面白いように育成が良く、葉っぱをよけると成熟した実が顔をだす。サラダや煮物などに重宝している。
竹かごを100均で買い、収穫の楽しみに浸っている。食べるまでが家庭菜園の目的で、ミニトマトは赤くなった物を摘み取りながら食べる。その甘さと言ったら最高だ。成熟した物の見極めで食卓を飾る事ができている。

170809_185045.jpg
在る晩の私の食卓だ。貰ったキュウリといっぱいのトマトを、ごまドレッシングと「辛子マヨネーズ」で食べる。意外とお腹いっぱいになる。ビールを飲む時は食卓に「ライス」はない。今年の体重は最低時で「71.2k」で、通常体重は「74K」前後で今朝は「73.3K」、毎日二回は体重計に乗り、体重増加を健康のバロメーターとしている。体調はすこぶるイイ!



安倍総理の度々のテレビでの記者会見や、世間への挨拶は自民の支持率アップと、自分アピールの政治活動でしかない。「親切」「丁寧」「説明する」、こんなフレーズを国民は誰も信じていない。それでも「親切・丁寧に!」と話す。彼こそがメディア政治戦略である。もうあきあきだ!
以前の民主党政治を「景気回復がなったか!」と常々、国会で総理は野党を非難する。東日本大震災での対応のまずさは否めない。現在進めるアベノミクスの三本の矢は、日銀の過剰なまでの金融機関への投入と、大震災での設備整備資金の増加と、厚生年金の強制加入があり、被災地の復興に建設関係の需要で「求人率」の2倍となっている要因は、震災復興と自然災害の頻発する状が、総理の言う景気のアップを生んでいる。年金の投資への繰り入れで「約30兆」の増収となっていると胸を張り豪語する。株高・為替相場は水物であり、高収入と源減は相互関係で、上がれば下がる。為替機関のやり取りで大きく財源高が変動する。だぶついた資金の投入が好景気を作り、そのしわ寄せが必ず国民に返ってくる。

昨日も「おらほの政治は、国政と似ている!」と話す人が来た。私も同感ながら、厳しい批判は国政と同じ「一強政権」の為で、議会の体制も「与党が8割を占め」、正に国政と同じだ、大企業やお金持ちが潤い、生活弱者・高齢者の救済にお金が回っていない。国政も社会保障や医療費の拡大など、高齢者への対策は、将来に多くの不安を描かされる。

今年10月22日の県知事選、南三陸町の町長・議会選挙も、無競争との世間の噂が広がる。「無競争なら出る。」。誰の為の町民の代表なのだろう。若い議員に将来を託す動きもあると言う。「だまされるな!」、大きな勢力に利用されるなと言いたい。若い町のリーダーも、現職の生きの掛かった人間が多く、その「根回し力」を全町民の為の政治に発揮して欲しいものだ。あり得ない政治が、被災地に起こっている。国民の血税の適正利用を、国の監査で調べる事も必要な時期に来ている。弁護士も警察も、腫物には触らない気がする。日本はこのままだと本当に腐ってしまう。


【 未分類 | CO:0 | TB:× | 05:42 】

2017
08/14

千葉家の初盆


昨年の8月16日に亡くなった母の初盆を迎えた。
今日の朝5時前にお墓に母を迎えに行った。今朝は雨の「おしょご」となり、私は駐車場の車3台目で、前の人を追うように墓地の下から、上から5番目の我が家の墓地まで、雨で濡れ滑る赤土の坂を登った。「今日は滑ります。」、これから行く皆さんはくれぐれもお気を付け下さい。今年は雨模様なので自宅のお墓だけに、献花と供え物などを供えて来た。
友だち・親戚・知人など、7軒と同級生の角塔婆に手を合わせ、墓地全体が見える所から、地区民弁体へ合掌をしてきた。

170814_080252.jpg
初盆の為の仏壇は世間一般の事をしないといけないと、自分なりに皆さんからお聞きし飾って見た。「仏膳」は昨日に自分なりに作った。「ナスの煮物」「カボチャ煮」「漬物」、御汁」変わりの蕎麦とご飯だ。昨夜は仏壇に供える「ダンゴ」と蕎麦を茹でて、我が家恒例のお盆初日の朝ごはん代わりの「そば」を準備した。また、母が生前にしていたお盆の顔出し、今日の墓参りの供え物を昨晩に準備し今日に備えた。お墓への供え物に「米」「なす」「お茶」「ダンゴ」を混ぜた物を、母から学び同じようにしている。
お盆事は私と父となった今でも、震災前と同じようにしている。これが何時まで続けられるか判らないが、私の身体が動けるうちは続けていきたい。お盆の前日・今日と来客迎える為の準備と対応は、つつがなく今のところ出来ている。

神奈川から叔母が来て午後から足がわりをする。社会は休みでもなく仕事も2件しないといけない。とにかく忙しくても落ち度のないように今日を過ごすつもりだ。
朝3時から「全米オープンゴルフ」の松山の優勝を見届ける為に起きて、そのまま墓参りにいった。帰るとトップに躍り出ていたが、終盤崩れ5位に終わったが、楽しみはこれからにとっておこう。

【 未分類 | CO:0 | TB:× | 10:17 】

2017
08/13

私の家族


2014年8月に仮の家を商工団地内に建設した。そして今年の2017年7月11日に生まれ住んだ志津川町本浜町の向かいの土地に、小さな家を建設し、土地とこれまで暮らした、亡くなった家族に慰霊塔を建立し、私の千葉家の役目の最後を果たした。

私の愛した叔父叔母が8人居た。横浜の陽子さん、いそ子さん、藤沢の恵美子さん、バスの運転士だった洋一さん、父の兄の賢一さん、今年亡くなった船乗りの大和さん、そして祖租母のみつゑさん、だ。私が物心ついた時は、私の家族5人と曾祖母、祖母の子供達が4人の、10人家族が小さな家に重なるように住んでいた。現在も何とか生きていると言う、遠くの叔母たちは2人しかいなくなった。今日は平塚の叔母が子どもと孫を連れ、今年亡くなった大和叔父と、私の母に線香を手向けに来る。叔母も今回が最後の里帰りと私は感じている。

本浜の場所へは行くのか解らないが、私は胸を張り「ここの向かいに私達が暮らした家がありました。」と言いたい。叔父叔母の親しみと想い出多き、「生家はここだった。」と、従弟たちや甥姪たちにも伝えたいと私は思っている。

今日は13日で菩提寺に「初盆塔婆」を貰いに行く。その後は「ダンゴ」と盆中の「仏前料理」を準備する。昨日前に初盆の全てを準備し、明日は午前4時30分には「墓参り」に行く。人が多い時に墓地を歩くのは嫌で、誰も居ないうちに済ませるのが、ここ10年のお盆の恒例となった。

【 未分類 | CO:0 | TB:× | 07:27 】

2017
08/12

お導き


私達の世代も震災から新たな生活に入ろうとしていた。後継・新天地の事業・先祖への感謝・亡くなった家族への慰霊など、11日(山の日)のこの日、志津川商店街は多くの観光客の列が国道を埋めていた。

本浜営業所の初イベントで街の状況を少し知る。
初めに来てくれた人は、私が一週間前に震災後に尋ねた、震災で命を無くした同級生の父親だった。余りにも不思議な巡り合いだった。初めは「何処のお父さん?」と思いながら世間ばなし、「うちの娘は千葉さんの同級生、お父さんとも病院で会います。」、こんな会話から「……さん」と聞いた。家には何時もいるとは限らないが居ますと話す。「今度、還暦の同級会の資料持って行きます。」と伝え、焼香もできたらさせて下さいと話した。
次は知っている方が二人、「入谷の鈴木さんの花下さい。」だった。一昨日、三陸新報に記事と社説に載っていた、鈴木さんのブランド菊「黄金郷」の献花の盆菊の生産を紹介していた。聴く所によると、「仙台の親戚に送ってあげます。」だった。30個しかない盆花が10個も売れた。

IMG_4556.jpg
カブト虫プケゼント企画は空振りに終わった。しかし、私自身が自然と触れ合い、今も昔のままに虫たちが生命力を、生きて行こうする姿を示してくれた。
スイカは3個が売れたが友だち達に感謝だ。
長野県飯島町の宮澤さんのジャガイモ配布は、私の町でもジャガイモの収穫時期、「あるから!」との声も聞かれた。父も言う、「災害公営住宅生活者は車も無く、嵩上げの市街地まで来る事は不可能だろう」と。残りの3袋300個は、まだ行っていない災害公営住宅に配布をしたい。

IMG_4568.jpg
こんな昨日の私の人との出会いと、情報収集だった。震災の復興と商店再生が町にあり、少しの生活の落ち着きから、また大きな異変が町に起こっていた。

【 未分類 | CO:0 | TB:× | 09:21 】

2017
08/11

南三陸町の町づくりは若者たちにもう託そう


昨日の朝、南三陸町出身の佐藤さんが故郷に「笑顔を!」と、NHKの番組に取り上げられていた。中学時代の全校での「トコヤッサイ」の夏祭り参加で、悩みを抱えていた時に、トコヤツサイに参加し「笑顔」を取り戻せたと言う。4年前からのトコヤッサイ復活に、貢献した事が紹介されていた。今年は雨の為に7チームの参加となったが、皆さんの笑顔を作る事ができたと話していた。

CIMG6069.jpg

【 未分類 | CO:0 | TB:× | 05:18 】

2017
08/10

遊び心でこの町に生きる


震災を通して、多くの知人・友人の協力があり、震災後にここまで辿り着いた。何か夢を目標をも持たないと私は生きて行けない人間です。幼いころの想いでも、古き良き自然とのふれあいがあり、それも後世に伝えたいが、以前の状況とは海は大きく変わった。ハマユリ大橋の登り坂が以前の海岸で、ここからサンオーレの離れ島まで泳いで向かうのは、私に取っては決死の覚悟だった。勿論、別な物は持っても「浮き輪」はない!

イベントでは「長野のジャガイモ」と、山形尾花沢の「スイカ」・入谷の「ブランド菊」や、登米市米川の「カブトムシ」など、お盆と夏を楽しむ為にいろいろ集めてみた。
私が建立した旧地区の慰霊塔には、私が南三陸の海岸で見つけた貝や石を積んでみた。200名の不明者がまだいる中で、その人達への慰霊の気持ちを手向けた。
CIMG6067.jpg

戸倉地区の西戸にも7月末に「慰霊碑」が建立された。津波の教訓として津波で犠牲になった「49人」の名前が刻まれた。須藤家・佐藤家・阿部家・西條家など、私が御世話になった人達だけで10人の人達を思い出す。その他にも知人の友達などの事も聴く。多くの人の死を決っして忘れる事は無、それを背負いこれからも町民と家族は生きて行く。

IMG_4502.jpg
今後一週間も曇りと雨マークが予報を飾る。今日は26℃と気温は低いが少し蒸し暑い。海水浴場の今月6日の賑わいから、台風の影響もあり安全第一ながら、お盆期間中は帰省の住民家族も多く、子供達の海水浴での笑顔を見たい。
少しの雨でもどうせ濡れるなら、傘をさしても7年ぶりの南三陸志津川の海に、子供達には触れて貰いたい。海の楽しさと怖さを併せ持つ、自然の素晴らしさを感じて貰いたい。

明日の1対のカブト虫3籠の争奪戦に、是非こども達には集まってもらいたい。

【 未分類 | CO:0 | TB:× | 07:42 】

2017
08/09

台風接近の中で


とにかく時間がない! 14日の墓参りの準備と、初盆の法要が13日午後4時にあり、その準備に登米市に雨風の中、買い物に行った。誰が代わりにやってくれる事も無く自分で準備している。仏壇にあげる「お膳」を生協から買い求め、だんご粉と果物などを買い、初盆のお返しを準備した。想定は8名の親族だけの細やかな焼香を受ける。そういえば「盆灯篭」も小さい部屋の小さな仏壇に比例し、小さな灯篭を一対昨日買ってきた。世間と同じ事をするように、男二人の生活ながら努力している。

台風の被害は聞こえてきていない。南三陸の海水浴場の「サンオーレ袖浜」は、昨日は白波を立て遊泳はできなく、誰一人いない海岸となっていた。しかし、7月15日前までは毎日が、静かな海岸で私には違和感はない。
残す所10日間の遊泳期間、週間予報では雲だけの予報で、今年はこんな夏と予報官は言う。子供達が志津川の海で、笑顔で海と親しむ光景が大好きだ。
日曜日に歌津の泊地区で、気仙沼市本吉から遊びに来ていた10人の家族の中の、3歳の男児が水死した。海は自然であり、何も判らない子供には危険いっぱいの海で、単独行動の危険がいっぱいです。家族一人ひとりが気を目を配り、楽しい夏休みとなるよう注意して欲しい。

170809_065811.jpg
今日の朝も掃除をしていたらカブト虫が一匹、牛乳の入れ物を開けたら、また一匹でてきた。朝から昨日買ってきた虫かごに、オス・メスと分けて土と草を入れ飼育籠が完成した。子ども時代を思い起こさせる行動に、昔の幼い頃に帰る自分がいた。
11日に志津川市街地の我が社の営業所で、長野から支援のジャガイモの配布をする。それと共に入谷の「盆用献花(菊)」と、登米市のむかで青果の山形スイカを販売する。子供達には一対のカブト虫をカゴ付でプレゼントゲームをする(3カゴ限り)。色々な企画をするが、いつも空回りながら、何かしているとその前の準備は楽しい時間である。

志津川東団地の東街区の災害公営住宅だけで、10袋の内の6袋を既に配布した。限られた数のジャガイモで、400個ぐらいはあるだろうか? 一人10個として40人ぐらいには配布できる。現品限りです。
志津川市街地の以前の暮らした場所が判らない状態で、当社の営業所に来れば、そこからだいたいの場所を図り知る事ができる。そんな震災前の事を語り合いたいものです。


【 未分類 | CO:0 | TB:× | 07:33 】

2017
08/08

眠れず朝仕事

夕方にゴミ袋の中で「ゴソゴソ」、ねずみ? まさか! こんな会話が社内であった。
昨日登米市の米川の従弟にお願いしていた「カブトムシ」が届いた。今年は激減していると言う。何に使うのかと言うと、会社の本浜町営業所でイベントをしようと考え、その一つに「子供達にカブト虫プレゼント」を企画していた。そのカブト虫が脱走し、朝起きると廊下にも出現した。手で捕まえるのも怖い?手拭いで捕まえるも「小さなメス」なのに、力が強い事に驚いた。朝からゴミ袋から一匹を探し、大きなダンボールに虫かご2つと、脱出した2匹を庭の草と共に入れた。今日は大きい虫かごと小さい物を4つ買う。オス4とメス5と言うがまだ確認はしていない。

昨日は津山の新聞店に「マイタウン情報66号」を持って行く。その時に柳津産のキューリを一袋頂いてきた。帰りに3軒に配り、我が家だけでは食べきれず、皆さんに喜ばれたから嬉しい。

秋田県知事や山梨市長の災害対応の責任感のなさや不正が発覚した。知事は災害が近づく中で、宮城で県職員とゴルフをしていた。趣味を否定する訳ではなく、災害発生中に県内に居ない、対策本部立ち上げたが本人が不在など、あり得ない県政に、その精神を疑う。秋田の御殿様の子孫で、県政を担う人材として世襲的な、人材がその有名さばかりで「政(まつりごと)」を行っている。地方も政治力の低下を感じる。
山梨市長の職員採用に「文書改ざん」で逮捕。妻の数億の詐欺事件?の家宅捜査で証拠を発見した。70歳となる市長、長期政権による「ゆるみ」「おごり」があった気がする。国政の江崎沖縄・北方領土大臣の、「官僚の文章を間違いなく朗読する」との発言は彼のリップサービスながら、新閣僚として「言ったら問題になる。」こんな事を、メディアがいる前で話す危機感の無さがある。二階派出身で、73歳の初入閣「こんな時に」と、本人もその立場はいらないが本音だろう。

CIMG5812.jpg
石巻市の北上川河口に「げんき市場」が完成し、こないだ行って来た。野菜の安い事と新鮮な海の幸や、石巻のお土産品の多さがここにはあった。トウモロコシが3本150円や枝豆が200円と、他より100円近く安かった。ロケーションは食事処「元気市場」の店内から、石巻の「マンガ館」と東北一の北上川が望める。震災でも聖なる川を「いじる」事無く、昔のままで街づくりをしている石巻の計画に賛同する。以前の町が判らなくなるまで、町の姿をいじる事は本当に必要かと言うと違う。町を自分の描く形にとの「野望」が、我が町の町長からは伺える。町の特産品を格安に提供するは、被災地への支援への恩返しで、観光支援客のみなさんから、また余計にお金わ使わせるは、感謝の気持ちとしての心が無い感じがする。
CIMG5818.jpg

今日・明日に台風5号が東北地方を通過する。台風の目が消え範囲が散らばっても、自然の猛威はどんな形で街を襲うかは図り知れない。用心に用心を重ね準備をして欲しい。

【 未分類 | CO:0 | TB:× | 06:44 】

2017
08/07

志津川の海を味わう

8.7ブログ2
震災前の「サンオーレそではま」の風景が、8月6日に志津川海水浴場に同じように広がっていた。この写真だと私が以前に撮影した、光景と何一つ変わっていない。
震災前はシーズンに4万人(35日間)の来場者を迎えていた。一日平均で「約1140人」となるが、夏休みに入り初めてのまずまずの天気と気温に恵まれ、ドッと南三陸の海を求め人が集まった。さんさん商店街にも、夏祭りの「ハマーレ歌津」にもフェイスブックで、多くの賑わいを知る事ができた。
サンオーレは3千人・5千人? もの、海水浴・日光浴・釣り、それを見つめる高齢の人たちなど、様々な風景がここにあった。色とりどりのテント・パラソルが海岸を埋め、子供を連れた家族が大半で、その家族の触れ合いに安心感を思う。
現在、日本の全国で地震が多発している。「避難経路」は大丈夫だろうか? 子どもの避難はできるのだろうかと疑問視する。1mの津波でも大災害になる事は、今回の津波で知っているはずなのに、観光を優先すると「避難行動」が疎かになる。津波から学び実行に移す事ができない町と再確認する。30分で人々と車の避難行動は難しい。少しでも遅れる事で尊い人命が失われる。それが子どもとなると大きな損失となる。人の命は測れないけど、こんなにも多くの子供達がいる海水浴場、遊び感覚で「避難練習会」をしても、話題性と賑わいは決して減少とはならないだろう。
IMG_4520.jpg
2011.3.11の大震災の爪痕は、サンオーレの至る所で見つける。守り神の宿る島「荒島)の大鳥居は根元から折れ、今も震災の面影を残している。震災で海に引き込まれた家々そして漁具が今も浜に打ち上げられていた。
未だに200人の人が不明者となり海を漂う。こんな事を言うと海水浴場に人が来なくなる。しかし、震災は決して消える事は無く、手を合わせ「海水浴安全を!」を常々願い、海に親しむ気持ちが必要と思う。
IMG_4546.jpg
大震災の重荷を背負い、今ここに住民は生き続けている。あの素晴らしい志津川地区・歌津地区の風景と、賑わいを取り戻そうと頑張っている。

【 未分類 | CO:0 | TB:× | 09:02 】

2017
08/06

家族と


南三陸町は今日もくもり空、サンオーレそではまの海水浴場オープンから、晴れたのは2・3日で週末はこれまで毎回、海水浴とはいかない天気が続いている。既に開設期間の半分は経過してしまった。元気に海で楽しみ親しむ光景わ撮影したいが、その機会に恵まれない29年の夏です。

こないだ、震災らお世話になっている登米市米川に、今年も御礼の「銀ザケの塩引き」を持って行った。従妹に「カブトムシが欲しい。」とお願いしていた。しかし、今年はカブトムシが少ないと言う。自然が少しずつ変化しているせいだろうか。昔遊びを知らない子供達に、カブトムシを営業所でプレゼントしようとの企画からだった。
三陸道の三滝堂ICから5分の場所に、「三滝堂キャンプ場」がある。蝉しぐれが山間のせせらぎに響き、多くの家族連れが夏休みを楽しんでいた。のんびりした家族の時間を過ごす、家族形成と子供の成長には欠かせない事と思っている。子供達が共に遊び「危険」「遊び開拓」など、大きくなる事の生活の術を学ぶことができる。

私も家族欲しい、子ども欲しい、今となっては無理である。

CIMG5825.jpg

10時から志津川の嵩上げの土地に行き、出会いの場を提供した。本浜町千葉印刷営業所を活用し町の役に立てばと最後の奉公をした。
多くの車が海水浴場の方向に走り行き、気温もうなぎ上りようにユニットは暑くなってきた。その足で海岸を廻り自宅へ帰った。サンオーレ海水浴場は多くの家族連れが列を作り海に向かっていた。砂浜は色とりどりのテントが張られ、子どもと一緒に夏を多くの人達が味わっていた。
さんさん商店街は新たな出入り口ができ、車の出入りの渋滞の改善が図られているものの、国道45号・398号の道路からの入口は渋滞となっていた。商店への右折車が8台も並び、駐車場の中も5台が動きを取れずいた。

今日は「ハマーレ歌津」の夏祭りが開催され、気仙沼の港祭りも開催され、三陸沿岸の夏祭りの最終を迎えている。歌津に行く事も考えていたが、今日はやめにした。家で仕事をする事とする。
我が家の初盆や、父の兄弟・友人での初盆もあり、互いの初盆でもあり省略する事とした。今週は仕事の多忙と、お盆の準備もあり、一日一日を大切に過ごして行きたい。

【 未分類 | CO:0 | TB:× | 07:27 】

2017
08/05

長野県飯島町の宮沢さんありがとう!


「人が集まってくれるかな?」の不安は、9月入居の「南三陸町役場」のとなりの志津川東区「災害公営住宅」は、ジャガイモ配布の午後1時半を前に、会場としたA・B棟の間の駐車場には、既に10名が待っていて、3袋のじゃがいもは全て1時半にはなくなり、会社に戻り3袋を再度持って来た。2時には6袋が全て無くなった。
災害公営住宅の皆さんにも喜んでもらい、父も本浜・大森など昔の志津川の人達との会話を楽しんでいた。本当に支援の受け皿で、自分も幸せな気持ちにさせて頂いた。

CIMG6011.jpg

この団地の災害公営には現在、志津川地区に住んでいた方が自治会長をし、両棟には副自治会長さんが顔を見せてくれた。知っている方で「ジャガイモを送ってくれた方を教えて下さい。」と言われ、住所を自宅から持って来た。
昔から知っている方には「太ったネ。」と私の腹をなでてくれ、震災後初めての方も多かった。この団地にいる私の同級生の両親にも会えると思っていたが、その顔を見る事はなかった。意外とここは高齢者の方が多く、それを子供が見ているみたいだった。50名以上が集まってくれた。

住宅の向かいには南三陸病院があり、また隣には9月に開設する南三陸町本庁舎がある。「病院が近くで安心しています。」「友達も沢山出来ました。」「支援物資があるの…。」や、「長野県の宮澤さんに宜しく伝えて下さい。」など、被災し少しの生活の安定から、相手への感謝を忘れてはいなかった。
当初は一人10個ぐらいかな? と思っていたが、「皆さんの何個でもいいの?」の問に、「いくらでも良いですよ。」答えた。残しても仕方がなく、皆さんに喜んで、いただけるならとの気持ちがあった。袋いっぱいにジャガイモを詰め、ありがとうございますと深々とお玉を下げて帰った。
「手から手へ!」とこんな形は初めてに近い。宮澤さんの長野産ジャガイモは今年で5回目になるが、こんなにも家を無くし、大きい家にゆったりと過ごしていた人たちが、「災害公営」への入居は辛いだろうに、そんな感じは微塵も感じられなかった。
竹澤さんありがとうございました。昨夜電話があり、受ける事ができなかったが、タコを送った事への御礼だろう。宮澤さんへ住民の喜ぶ姿を伝えて上げます。

【 未分類 | CO:0 | TB:× | 07:20 】

2017
08/04

今、大きく町の状況が変わっている


人の流れと商店事情が大きくかわった。ウジエスーパーさんのショッピングタウンの旧天王前に完成し、買い物の町民の形が変わったからだ。
スーパーが無かった時は、街中の残った商店が頑張り経営を続け、町民の大きな手助けとなり、多くの人達が車で来店し、車の無い人は1K以上の店まで歩いてくる人もあった。今後はスーパーへの巡回バスも走り、これまでスーパーの出店が無かった分、一気に町民の購買活動が拡大した。
ここ3日間、さんさん商店街の千葉のり店に「龍の子海苔」を贈答にと買いに行った。「閉店」「お昼から」「11~15時」と、商品の製造が間に合わないのか、こんな状況で、今も買えないでいる。やむなく今年は別な物を送る事にした。以前から来客でごった返す店も、その客の数が大きく減少した気がする。これからもどんな風に町が変わるのかが私は怖い。安定した町になるのは何時になるだろう。

今日は長野からのジャガイモを、災害公営住宅に持って行き、欲しい方に配る。どんな状況になるのか不安もある。知人が「まだ物資あるんだ。」と言い、いま多く出回る「ジャガイモなんて」と言われるかも知れない。アリーナ向かいの災害公営住宅の人の話では「喜びますよ。」と、力になる言葉も頂いた。

170802_163242.jpg
登米市に南三陸町から移住した人たちの声を聴く。行政の対応が手厚く、税金や相談にも親切に応じてくれると言う。南三陸町よりも税金は安く、働く環境も各社あり、住みやすいと口々に話す。登米市での生活が長く、働く場もあるが仮設での生活も終わりに近づき、やむなく南三陸町に帰って来た人達も多い。反して、もはや何も無い故郷に帰っても生活ができないがある。しかし、そんな中でも多くの問題を抱えていた。以前のような地区民の繋がりが濃ければ、多くの問題があったとしても解決できる。
私の同級生も親の老いと、年齢に応じた体調異変と戦っていた。生活するのにも私と同じ普通に仕事ができていれば、何の不安も無いが、若い時と同じに何も怖くなく、一心不乱に前を向き働いていた頃が懐かしい。

印刷会社を小さいがしている者として、今年の志津川湾夏まつりのデザインは少し物足りない。祭りのはじける光景が感じられなく、暗さばかりを感じるのは私だけだろうか。行政も自分本意の職員の考えが色濃い。同業から意見や、自治体のポスターを参考に、より良いものをとの取り組みに掛けている。人から言われる事が「嫌い」な行政体質を感じる。その町歯「町民と一緒に!」と常々言っている。

まあいい! 今後も「お仲間」でやるのだろうから。お仲間の震災後の悪い噂が、町民が帰郷し聞こえてくるのは私にだけか? 誰もものを言う者がないと、町の経済は濁る事を、自治体トップは知らないままでいる。

【 未分類 | CO:0 | TB:× | 09:33 】

2017
08/03

南三陸町志津川の自然を満喫できる環境を


昨日、突然友人が「民宿ない?」と電話が入った。知人の民宿に電話するも、9月中旬の週末ながら「満杯!」だと言われた。たまたまなのだろうか。ホテルの宿泊はお盆時期だと宿泊費も高いが、民宿は安価で泊まれる利点がある。また、釣りもしたい・魚も捌いてもらえるなど、多くの得点が志津川袖浜の民宿は可能だ。震災前は10軒以上の民宿があったが、震災後は2軒だけとなり、南三陸の志津川地区で宿泊したい来町者の受け入れ体制は整っていない。交流を深める為と「民泊」と、入谷地区の「いりやど」や、二つのビジネスホテルもあるが、「南三陸の海を満喫したい!」との来町者の要望に応える、町の観光客を迎える環境はまだ整っていないようだ。

石巻「川開き祭り」の前夜祭の、7月31日に灯篭流しが静かに開催された。また、石巻市の「いしのまき元気市場」では、「川施餓鬼供養祭」の会場として当日の規制を図っていた。何でも来客への商魂が強い我が町の商人がいる。被災死亡者へ慰霊と、消えてしまった街への追悼を、静かに手を合わせる事も大切な気がする。

CIMG5758.jpg
志津川高校をもっと元気にと集う
 平成29年度 同窓会総会
 7月21日金曜日午後6時から南三陸プラザに於いて、平成29年度宮城県志津川高等学校「同窓会総会」が開催され、懐かしい面々に新しい会員も加わり、40人を超える総会となった。
 来賓には最知副町長を始め、千葉教行顧問・沼倉前善子顧問、また、町議会議員の後藤清喜議員・山内昇一議員がお祝いの席に駆け付けた。
 小畑会長の挨拶では、志津川高校は93年の伝統校があり1万2千人の卒業生を送り出している。同窓会は『志津川高校の応援団である』と述べた。山内校長は、「皆さんのおかげで学校は活気を帯びている。懇親会には90名以上の参加がありスピーディーな総会に」と話し、大いに志津川高校を語り合おうと話した。
 祝辞では、最知副町長が「志津川高校が元気でないと町に元気がないよね。」との声も聞こえてくると話し、町と学校で「志津川高校魂力化懇談会」も開設したと、述べた。
 総会では魅力化推進事業として、志津川高等学校学習支援センター「志翔学舎(ししょうがくしゃ)」の開校にあたり1200万円が町から基金へ繰り込まれたと、報告があった。
 また、志津川高校の戸倉出身の卒業生が震災により父の経営する「ケンズ」が休業となり、仙台市泉区に「三陸食堂ケンズ」として、南三陸の食材にこだわり漁師直送の鮮魚を提供する店としてオープンした。店主は、「南三陸町の活性化につなげたい。」と話していた。そんなチラシも配られた。

【 未分類 | CO:0 | TB:× | 07:09 】

2017
08/02

どうなるの南三陸町


志津川さんさん商店街には町民の20%が行っていた。昨日はウジエと商店街の双方を通過してが、その姿に町が今後どうなるかと思った。被災地支援がこれまでと同様に続く事は無く、各店舗も南三陸町で生活していくのは、厳しい事は自社の経営状況からも理解できる。誰が震災復興で利益となったかというと、住宅建設関係で町内の事業所も、既にその好景気から収束へと向かっている。

また一軒商売を辞めると言う。震災後に努力し6年目を何とか迎えたが、今の町の購買の変化についていけないと言う。スーパーの出店の脅威と思う。石巻のジャスコ周辺の発展で、市街地のアーケード街が「シャッター通り」となった。駅を中心としての街づくりに、市は私立病院や産直市場を造り、人の流れで市街地の発展に努力して居る。
南三陸町はスーパーの出店対策として何をするのだろう。それが「道の駅」なのだろうが、さんさん商店街と同じ場所なら、共倒れとなり町の人の流動化はうまれない気がする。物が店内で売れないと、物が痛み、商品の低下となり益々売れない、そんな悪循環が商店再生の足かせとなる。何に町は力を入れたらいいか政策もバラバラだ。
子育て支援、給食費の無償化、高校の学習支援、公務員の報酬アップ、交流の拡大、ラムサール条約への登録など、町民にとってどんなプラスなるか。高齢者の生活向上には繋がらず、災害公営住宅生活者は、年金と預貯金を削り、将来は生活保護へと考えている人もいる。これを見ても「消滅都市」へまっ逆さまのような気がする。商工・観光や、自分の支持者の学校や公務員への、喜ぶ政策ばかりで、それを知らない人々が多く、その政策に利用されている事を知らないでいる。「自分の身は自分で守る。」、もうこの町に住む人たちはギリギリの所まできている。

170728_182947.jpg
昨日は「血糖値130」でまずまずだった。栃木の従弟が「みんみん餃子」を送って来た。ある晩御飯の食事は、「餃子・ビール・ナスの煮びたし」だった。量は多い気がするが、全て貰いものである。昨夜はキュウリが実った夢を見た。
婚活の自分の活動が遂に身を結ぶまでに至った。「第一号のキッカケ作りが完了した!」、あとは二人に委ねる。震災前から続けた「婚活事業」は、自己資金で復活させ、震災後の昨年3月に活動を始め、1年3か月で成果がでた。「継続は力なり」が現実のものとなりつつある。素晴らしい二人と巡り合いに繋がり、付き合いが上手くいき、結婚・子供誕生が最終到達地点と思っている。家庭の大切さを大震災で知ったのに、南三陸町の男女は臆病になってないだろうか。勇気を出し自分の幸せは自分で作り、家族も本気であたらないと、子供達は30・40歳と婚期からどんどん離れていっている、その危機感を強く持って欲しい。俺の様な寂しい生活とならないように!

【 未分類 | CO:0 | TB:× | 07:23 】

2017
08/01

自然の島の中にある志津川の海水浴場


南三陸町「サンオーレそではま」海開き!
  2017年7月15日オープン
 南三陸町志津川の人工海水浴場「サンオーレそではま」が、7月15日の「海開き」にさきがけ、町・観光協会の関係者が安全祈願祭の神事が行なった。
 「サンオーレそではま」は1999年7月に完成し、人口海水浴場として安全を考慮した波が穏やかな施設として、被災前はシーズンには4万人の来場者を迎えていた。そして今回震災から7年目を迎えての、県の復旧工事が完了し、事業費約15億円を投じ2016年の5月から復旧工事を始め、海開きとなった。15日には、約1000人の親子連れなどで大いに賑わった。
 オープン前日の14日には南三陸町と南三陸町観光協会が海水浴場の清掃をし、15日スタートの海の安全を確保した。また、海水浴場の安全は志津川漁協青年部が、施設の海上から遊泳の安全監視などを行なった。海岸の砂は、県北や岩手南部の山砂を大量に運び、海水浴場を整備し波で砂の流出を防ぐため、海底に石積の塊を設置した。
 翌日の16日には、サンオーレで「南三陸ふっこう青年会」の主催の水風船「南三陸の陣」が開催され、町内や仙台から10チームが参加し、親子のチームや若者たちが優勝を目指し、熱戦を繰り広げた。優勝は仙台市のチームで8月20日の福島県で開催の全国大会に出場する。

IMG_4218.jpg
南三陸町は今日も雨模様。今週は雨からやっと週間天気予報は、明日から晴れマークが予報に現れた。志津川湾の内湾ながら海水浴場は、外洋からの台風の余波を直接に入り江にもたらす。
海水浴の期間は8月20日まで、もう少しでシーズンの半分に近く、今後の天気に期待したい。素晴らしいロケーションで、安全に気を配った環境で、思いっきり夏を楽しんでください。

写真の奥に見えるのは、袖浜地区に二つある民宿の一つです。宿泊はサンオーレに一番近い「民宿明神崎荘」をお勧めする。海水浴場は宿泊地から水着で歩いて5分、宿泊料金も「1万円前後」と、格安ながら限られた宿泊状況で、早く予約すれば獲れたての、御主人が水揚げの生鮮水産品が食べられる。私の推薦する南三陸町志津川の袖浜地区の民宿です。

【 未分類 | CO:0 | TB:× | 07:06 】


TOP