FC2ブログ

ARCHIVE - 2017年07月

2017
07/25

井の中の蛙では


土曜日に用事で気仙沼まで行った折、大谷地区の幼稚園に園児と祖父母と家族が、共に遊ぶ広場を開催していた。全国の園への侵入者の問題もあるが、子供達の元気が町民の元気に繋がる。志津川地区の東工区に「あさひ幼稚園」があり、今後は中央区に「志津川保育所」が整備される。津波が到達した場所で、保育所移転がある中で、志津川保育所だけが未だに以前の場所で保育を続けている。津波はまた何時に襲来するかも判らない中で、保育所移設は早期にあるべきと思う。子供が町を離れた世帯も多く、子供達が遊び跳ねる姿に、生きる力を貰えると私も信じている。

昨日の国会閉会中の質疑では、「言った、言わない。」「加計氏は友達だが便宜は図っていない」など、国民が納得いく答弁だったか言うと難しい。和泉総理秘書官の「言ってない、そんな事を言ったら記憶にある。」と言い、それに対し前川氏は「和泉総理秘書官から加計学園の事を言われた。」と繰り返し答える。誰が本当の事を言っているのか、自分の立場が危うくなる人達は真実を言わないが、何も失うものが無い人間が、政府に対し嘘を言うかと言うと考えられない。「規則をねじ曲げた」との言い分は、「天下り斡旋」をした相手の話しも、国民を裏切ったと言う事では、政治家も官僚も「国民の公僕」と言う事を忘れ、自分の利益を求めてだけの話だ。平民には関係ないが、悪政の審判は国民が下すしかない。「国民もいつまで俺は関係ないから」と言えるだろうか。

郡氏が仙台市長となった。宮城県地元出身の奥山氏から郡氏へのバトンタッチは同じ女性の知事として、学校のいじめ対策にも本気で対処してくれそうだ。男社会の政治には「おごり」が見え隠れし、市議会は自民が多数を占め、議会対策とは言わず、真摯に市政に取り組むと言い、きっと市民は新知事を認めてくれ指示をしてくれるだろう。
村井知事は自民党として、菅原氏を応援し敗れた。間違いなく国政のゴタゴタが地方選挙に影響を及ぼした。10月の知事選とて、民進党の安住氏が立候補すれば、宮城の保守王国は崩れそうな気がする。政治の腐敗は「政務調査費」と言う不透明な使途から始まった気がする。野党の先頭の民進党の復活は、思い切った選挙行動が今の国政を変えられると思う。思い切った野党の戦術に取り組み、「自民にお灸を据える!」、こんな事から政治腐敗の根絶に与党も野党は取り組むべきと私は思う。
郡氏はアナウンサー出身で、県民にも愛着がある。南三陸町の歌津地区の「払川ダム」の落成式典が始まる前に、一人会場の前列にいた彼女を私は見ていた。民進党の衆院惨敗の中で、静かに式典を待つ姿を、政治家は何時も表で自分を示すだけでなく、やるべき時に国民の為に動くが、政治家の本質にある。今日は参院の質疑だが、今日も一人の総理を守る為に、議員・官僚が嘘で固めた説明に終始する姿は、トランプ氏の米国のゴタゴタに何処か似ている。

170722_165334.jpg
町には家具屋さんも、気兼ねなく入れる喫茶店も、イタリアンもない。人生を私は後10年と捉えている。震災から7年目、私の人生も後9年足らずとなった。色々な事を体験したい、美味しいものも食べたいと、残り少ない人生を悔いなく生きたい。だが、自分が選択した住宅の整備でローンが後10年、震災後の機械の整備のローンが5年、父の介護を全うするなど、目の前をクリアしつつ自分の好きな事をしたい。石巻で「ビックリドンキー」のハンバークは、一生涯で初めての体験で、また、石巻で美味しいイタリアンの店を見つけた。
日々多忙ながら、時間を割き色々と人生を楽しんでいる、しかし、我が家にまた事件が発生している。

スポンサーサイト



【 未分類 | CO:0 | TB:× | 07:19 】


TOP