FC2ブログ

ARCHIVE - 2015年06月

2015
06/01

好きな事は長く続けられる

27.6.1ブログ
昨夕なにげなくテレビを見ていると、剣道世界選手権をやっていた。剣道大好き人間にとっては試合の戦いぶりに、気持ちが熱くなる。団体決勝は韓国との試合で、1対1で大将勝負となり、190㎝以上の韓国選手との内村選手の対戦は、20数㎝以上も違い、国内№1と言われる選手だから大丈夫と思い感観戦した。昨年に続く大将戦でのリベンジに、死にもの狂いでの双方の打突とつばぜり合いは、気を抜く事が出来なく目を離せない試合となった。「面返し面」は日本選手権での内村選手の技の妙技を今でも覚えている。剣道の団体戦はチームワークが結果に表れる。我がスポ少は現在2人の団員なので、団体戦の互いの試合での声援と、みんなの為に自分の試合を精一杯する事の必要性を説く事も出来ない。この部分の大切さをこれまで団員に話し、みんなで楽しい練習と試合をしてきて、志中・戸小での優勝に導く手伝いをしてきた。良かった剣道人生を50年間も過ごせた。「継続は力」でここまで剣道を好きでやってこれた。
150524_142516.jpg
残念な事があった。同じ商工団地内にあった事業所の廃業だ。事務所、工場も大きい施設を津波被災も無く確保していたが、自宅兼工場・両親を津波で亡くしたと聞いた。多くの心のキズを癒し、これから一緒に頑張ろうと助言とか、「町再建を一緒に」など、皆と町で事業を続けようと、働きかけてくれる仲間が欲しかったと思う。でも工場も解体し後戻りできない更地となっていた。両親を亡くした悲しみと家族と共に別の生きる道を選んだのだろうか。また、若い家族がこの町を離れる事になるのだろうか。
いろんな家庭・事業所がある、行政が町長が、事業の継続と南三陸町に留まる事を、働き掛ける活動があっても良いと思う。人口減少の対策を最重点に上げているなら、町民の若者が苦しみ悩んでいる時に、積極的に行政が救済活動への関与は、今できる最大の対策と思う。

【 未分類 | CO:0 | TB:× | 09:01 】


 TOP