FC2ブログ

ARCHIVE - 2015年05月

2015
05/21

八幡川の左岸工事進む


天気の良い早朝に防災庁舎に行き、左右の防災庁舎沿いの河川堤防の工事の進捗を見て来た。
現在は今まで観光バスの通路となっていた部分が、工事の始まりにより通行止めとなっていた。防災庁舎周辺ではマイクロからバスなど、防災庁舎までの大型車が通路を探している光景を目にする。追悼をする慰霊の場所が無い、現状に今なっている。何処に被災の状況を伝える場所があるのだろう。震災復興の盛り土が志津川市街地を覆い、復興工事だけで震災を体験できる場所が少ない。
CIMG1343.jpg
8.7mの河川堤防の建設が加速し、国の震災復旧期間は5年間で28年度末までで、海岸堤防と河川堤防と市街地嵩上げが終了となる予定だが。
現在、防災庁舎の入口は「トレーラーハウス」がある。ハウスは「宮城ジョネット」が所有している。国道45号のう回路からトレーラーを目指してくると防災庁舎までいける。今は訪れる人も疎らで普通車しか入れなく、大型バスで観光客がぞろぞろと慰霊する光景は無い。
CIMG1308.jpg
宮城ジョネットが、線香と花を細い通路の一角に準備をしている。「ありがたい活動に感謝です」。
誰でもが集まり・訪れられ亡くなられた方々に、思いを馳せられる場所の、震災復興祈念公園の完成は何時になるのだろう? 町の再建を見られないで亡くなる、先人の方々がこの日を待ったいただろうに。
スポンサーサイト

【 未分類 | CO:0 | TB:× | 09:18 】


TOP