FC2ブログ

ARCHIVE - 2015年04月

2015
04/25

フィシャーマンズジャパン


朝の若者の地場産品の発信活動に刺激を貰った。被災当時ボランティアとして石巻に入った若者が、石巻の海産物の素晴らしさに触れ、宮城の水産品を石巻を中心に、各地区の浜々の特産品を集め、「フィシャマンズジャパン」と銘打って、日本全国から世界へと、三陸の美味しい水産食材を紹介し、若者漁師とのネットワークを生かし、自分の暮らしていた東京での繋がりも活用し、三陸の多種多様な水産品をiTなどと共に、発信をしていた。こうした今まで出来なかった事が、被災地に入った若者が地元漁師とタックを組んで、今まで販路の拡大や高収入となるよう、食品レシピや紹介などで、新たな付加価値と販路拡大を目指し活動していた。若布養殖の漁師は価格が以前の2~3倍となり、自ら営業マンとして世界と取引している商社を訪れ、丹精込め作った水産品をアピールしていた。
広く地元の若い漁師の将来を展望に、仲間内での事業ではなく、総ての地区漁民と公平に若者に呼びかけ、「やりたい!」と言う仲間を地域の代表として、地域から集めたこだわりの水産品を発掘し、被災地に来たボランティアの若者と共に、宮城の水産品を全国・世界に発信していた。錨の団体のロゴもイイ!
地域の漁師の生活が安定し、過酷な労働改善と高所得に繋がる、生産品をと販路拡大は、これまでの苦しいだけの第一次産業の在り方を、根本から改選する事業活動して凝視し学んだ。
いまだに沢山のボランティアが来ているが、ただ生産の作業ボランティアの状態は終わったと私は思う。若者が参入・参加できる漁業環境を、漁協が作る時代となった。私が知らない部分で既にこうした活動があり、我が町の水産業にも同様の事があるだろうか、それをしないと南三陸町の漁業は疲弊して行く。漁業を通し儲ける人間だけが得をする。こんな環境は町の漁業の担い手が居なくなる事へと繋がる。
150425_074552.jpg
二つの国を騒がせた事件が昨夜おおきく動いた。18歳の女性誘拐・死体遺棄は、その女性友達の金銭関係問題によるもので、成人男性二人と未成年の男女二人の4人の犯行だった。死体は成田空港近くに1.5mの土地に埋められ、警察が発見し男性が逮捕された。未成年として名前が出せないが、20歳と19歳に何の違いがあるのか。凶悪犯罪に罪の意識が無い訳もなく、アメリカ同様に犯罪に応じ発表すべきと私は思う。
また、首相官邸の屋上に飛来し落ちた「ドローン」は、セシュームが検出され原発危険のマークがあった。中国製の小型飛行機、数万でネットなどで買え、世界に1000万台も流通し、日本にも数百機の流通があり、現在も1千万機が受注済みと言う。新しい事業の形がこんな所で成功をしていた。
昨夜、犯人は福井県小浜市の警察にリモコンを持ち出頭し、今日の午前9時に逮捕された。40歳の男性は原発の再稼働への国の政策推進に反発し抗議で事件を起こした。福島原発の土をプラスチック容器に詰め、セシュームは自然界に無い成分で、「テロ」との国も見方から公安庁と警視庁が大々的な捜査を展開した。結果的には一人の男性の原発抗議と、一人での政府への政策に反発しての行動だった。
福井県の南半分には原発が沢山あり。高速原子炉など国内の3分の1がここにある。と言う。無職の男性は国政の動きをモヤモヤ考えて、行動に移したのだろう。もっと別な所に自分の知識や資産を活用し、事業展開はできなかったのかと思うが、ここまで出来る人間は知識があっても数少なく、出来ないのが現状だ。とりあえずバラエティーニュースでの事件となりそうだ。
明日は南三陸町の復興市があり、今回はホタテが主役で「ホタテ焼きそば」があると言う。また、5月から「キラキラ丼」のウニ丼が始まる。ゴールデンウィークは好天に恵まれ、清々しい中で南三陸の水産品と自然美が楽しめそうだ。
スポンサーサイト



【 未分類 | CO:0 | TB:× | 10:57 】


TOP