FC2ブログ

ARCHIVE - 2015年03月

2015
03/18

申し訳ない


今年度のボランティアセンターの閉所にあたり、「感謝の集い」が15日日曜にアリーナに於いて開催された。1万2千人への案内に対して、1100人のボランティアや関係者が集まった。震災後の町の再建と被災者の復興への取り組みに、住民と行政は勇気と希望を貰った。「繋がり」「絆」を再確認し合った。
ボランティアの人々は「復興はこの地を見て終わってはいなく、今後も支援を続けていく」と言う。「この出会いと繋がりを大事にしたい」とも話す。
町社協の案内で集まった皆さんには、感謝と申し訳ない気持ちでいっぱいだ。遠くから来られる方もあり、交通費・宿泊費など、その経費を思うと多くの負担がかかるが、来られ方々は被災地支援と言ってくれる事は理解するが、まだまだ多くの皆さんに町活性化の支援を貰わないといけない。行政が住民にも自立を促すように、行政も自立する時が来ている。宿泊場所の準備と、地元から特産品のお土産など、感謝の気持ちを形に表しても良いと思う。
昨日の「町づくり協議会」に4か月ぶりで参加した。これまでの町の景観で「良い所」「悪い所」を会員で話し合った。議題は「景観」だった。私は町の景観を歴史・自然を考えると、総ては良い所ばなりで、震災前の風景が蘇ってくる。会員皆もきっと思っただろう。震災後に町に住む方も、海の山の自然の景観が良いと言う。なにも無い自然と、町民の個々の努力が、南三陸町の良さを作って来て、歴代の行政トップが公平に町づくりに取り組んできた。

昨日も石巻に母の足りない物を持って行き、ベットで寝息を立てて眠る母を30分間看てきた。病院に入院し全てを先生にお任せした。介護施設の担当も気配りをしてくれている。こんな母の環境に何の心配もしていない。病院に入れる事と良い先生と、整った整備がある事で安心できる。被災地の我が町にも今年10月末には病院が完成する。後は医師の確保強化と看護師教育をお願いしたい。
昨日はポータルセンターで、視力が弱い事とおっちょこちょいの性格で、施設の鉄の器機に頭をぶつけた、傷が出来たようだ!

スポンサーサイト



【 未分類 | CO:0 | TB:× | 07:23 】


TOP