FC2ブログ

ARCHIVE - 2014年12月

2014
12/24

かごの鳥


クリスマスイブは私にとっては、いつも一人ぼっちの生活で、ケーキを食べるくらいだ。ケーキの大人食いがこんな体にしてしまった。

南方の知人が「登米と志津川は違い過ぎる」と電話をくれた。私も南方仮設の2DK公営住宅は我が町とは大きな違うと感じた。「もう半分の人は仮設を出た」と言う。まだそこまででは無いが深刻な状況には間違いはない。
議会での人口減少が「町の危機」との認識は薄く、その仮設決定へのプロセスを検証することも無いようだ。住民の町離れの対策と離れない方策をもっと講じないといけない。私一人の活動と発信では、その問題解決とはならないのが現実だ。登米市の戸建災害公営住宅には14世帯が南三陸町から入所した。年金世帯の二人暮らしで「9000円」の入居費で、車一台は別に2千円かかると言う。建物も仮設とは違い本格二階建てで、普通の建物と変わらなく、町の住民が登米市の住宅に同化している。

石巻の市立病院は当初70億の建設費だったが、資材・人件費の不足による建設経費の増額は、130億の倍となった。国県からの追加の補助は無く、石巻市での資金の調達はかなり厳しいものと言うる

南三陸町は「おらほの町」と多くの補助事業と銘打ち、町づくり事業を展開しているが、そんな目を引くだけの名前より、もっと深刻に事にあたるべきと感じる。我が町の病院も予定どおりできるのだろうか/ 心配でならない。町の財政破たんは現トップとその取り巻きの責任と私は思う。あと2年もすると私の年金の掛け金も終わり、その後5年で年金受給者となる私です。


スポンサーサイト

【 未分類 | CO:0 | TB:× | 11:08 】


TOP