FC2ブログ

ARCHIVE - 2014年12月

2014
12/17

マイナスの原点


この瓦礫の中を小松さんと、奥さんの消息を求め共に歩いた。
奥さんは志津川小学校で近所の人達と一緒に津波から逃げ避難していた。
小松さんは志津川の東地区の東の災害公営住宅の抽選に外れても、「しょうがない」と笑顔で答えていた。
外れは初めでは5人と聞くが、昨日は12人とある人は言っていた。その彼は2DKを射止めた。
CIMG9233.jpg
現在のこの地は被災の跡地は瓦礫は撤去されたものの、この写真のように3年9か月が経つのに、あまり変わっていない気がする。復興復旧の遅さを露呈している。
この日は現場の方は天候異常により、祝日も働いているのが現実で、その道はまだまだ遠い。
スポンサーサイト



【 未分類 | CO:0 | TB:× | 10:57 】


TOP