FC2ブログ

ARCHIVE - 2014年12月

2014
12/01

ショック! 苦しみ増幅


昨日は志津川市街地に現在の状況を写真に収めにいった。車では通過し見ているものの、その様変わりようがあり、誰もが知る以前の面影は消え、これからも私たちの暮らした町は、大きく変化を遂げていく。
住民の方が電話をくれた「ショックで落ち込み報告できなかった」と言う。土曜日の災害公営住宅の抽選会があり、希望の場所への入居は叶わなかった。家族的にも福祉枠が認められても良い家庭状況ながら一般枠として、東の東の18年第一4半期に入居できると、私も本人たちも思っていたので、その落胆ぶりは尋常じゃなかった。また新たに希望の住宅を申請し、抽選による入居に挑戦する。公正公平な手段は抽選しかないのかと、仮設住宅の抽選の苦悩と混乱を思い出し、検証と反省の対策はこれでいいのか。障害者枠での抽選があり、外れると一般の方と同じでまた抽選となる。志津川3地区の高台の一番最初の入居の災害公営で、病院・役場にも近く高齢者や弱者の希望が多い。80世帯位の限られた数で、総てを弱者に回しても良かったと私は思う。仮設入居の住民の行政不信へとならないか心配するし、これによる町離れを懸念する。
CIMG9191.jpg
志津川市街地の十日町の国道45号の、アスファルトが取り除かれ、いよいよ国道も嵩上げへと進む。動線・河川の場所移転へと新たな段階へと復興へ向かう。
羽生がNHK杯で4位に入り、0.15差でファイナルへの出場となった。ショ-トの2分半と次の4分半の演技は、冒頭の4回転失敗し、それ以上演技を見る事は私はできなかった。しかし、翌日の結果を見ると5位、そして4位ながらアボット選手の結果、0.15差でファイナル出場と強運の持ち主と、彼のこれまでの成績から感じ取る。「花が咲く」のエキシビションの演技の最後の、少女からの一輪の花は、我が町にはない弱者への優しさと思う。
スポンサーサイト

【 未分類 | CO:0 | TB:× | 07:58 】


TOP