FC2ブログ

ARCHIVE - 2014年09月

2014
09/28

のれて腹からジョ―クに笑えた一時だった


コンサ―トではミュジシャンの話と、会場が一体となる雰囲気が私は好きだ。たまに来客と食事に行く店が、近い事もあり沼田地区の「リッチ―」さんに行く。来店した時にコンサ―トのチラシをもらった。「木内秀信」特別番外「ミニライブin南三陸」と題され、食事しながら歌を聴きに行った。
リッチ―さんでのミニライブは何の宣伝も無く、無料でのコンサ―とで、30名余りの来客の中で、ト―クに木内独特の歌風に感激した。キイボ―ド・ギタ―・パ―カッションのバンドを設え、木内のハ―モニカから始まった。「晴れた空」「キンモクセイ」やドリカムの「あの夏の花火」など、バラ―ドからテンポのある歌まで、来場者は一曲ごとに盛大な拍手で応えた。また、彼は声優でもあり「テニスの王子様」の忍足侑士役をしていると言う。

今回のライブには人と人との繋がりから実現した。店で働くボランティアの店員とパ―カッションの方がメンバ-と知人と言う事で、仙台のライブの前日に南三陸町に来てくれた。木内も阪神淡路の大震災体験者で、被災地支援に来てくれた「沖縄自衛隊隊員の姿がかっこく、迷彩服にあこがれた。」と話す。震災直後に南三陸町にも沖縄自衛隊が被災地支援に来てくれた事もを思い出す。何かの縁があった気がする。
来場者には長崎・岡山・東京からと各地からのファンもいた。13時間掛けて被災地「南三陸町」まで来ましたと、観客とのト―クで解った。被災地の為に支援ライブで町外からの来町者はありがたい。

「すいません」とお客さんのオ―ダ―の声が掛かる。木内は「ナポリタン」と、ライブ途中にも関わらず、店の営業にも応援する気持ちを忘れない。目の前の何気ないやり取りに、ビ-ルも少し入りほろ酔い気分で笑えた。4曲目あたりで帰り、会計でアルバム「桜の花」を買い求めた。途中退場だったのでサインしてもらい後でCDを撮りに行く。これが木内さんに出来る恩返しです。

こんな昨夜ながら、御嶽山の爆発があり不明者・怪我人が出た。27日11時52分の噴火で、当時の登山者のスマホ撮影には火口に立ち並ぶ人々の姿があった。長崎県雲仙普賢岳の大火砕流での災害で40人・70人?からが、発生を予測しながらも想定外の「大火砕流発生」となり犠牲となった。議会視察での記念館に行った事を思い出す。火砕流は100度を超える高温と言う。御嶽山でも火砕流発生とはいっていたが、後に火山灰と噴煙で、その噴煙にまかれながらも死者は無かったようだが、河口近くの人が7人不明とか4人が火山灰に埋もれているなど、今、救出調査に自衛隊・警察・消防団があたっている。300名の登山者のうち、昨夜では230名の確認となったが、70名を今確認中と言う。
自然災害が週ごとに被害を国内にもたらし、デング熱・少女不明殺害・自然豪雨災害と、新聞紙面に踊る。
夜9時からのNHKの「岩沼の住民高台移転」の活動のドキュメントがあり、やっぱり町の復興の計画は、行政の計画主導で住民の考えの高台再建への提案が、比べるとまるで含まれていない。岩沼でのこの地区での町づくりは、100%と言っていいくらい住民の意向が取り入れられていた。町民が動き町民の資金の支出も避けられないと、岩沼の300世帯もの住民の高台移転の姿が見られた。震災後の地区住民の集まりは120回と驚く数字で、県内一番で土地の造成となり用地の引き渡しが進んでいた。



スポンサーサイト



【 未分類 | CO:0 | TB:× | 12:35 】


TOP