FC2ブログ

ARCHIVE - 2014年08月

2014
08/12

26・6の南三陸町(3)


我が家の家庭菜園は台風11号の風雨にも負けず花と実を付けている。ミニトマト・オクラ・なす等、日々収穫を楽しみにしている。日曜の8月の10日は、お盆の準備などの店が、志津川市街地の街角に立っていた。今は何もなく、登米市の登米町の被災後お世話になった「むかで屋」さんに、午後買い物に行く。

6月記事3
◇南三陸町「入谷Yes工房」制作のオクトパス君などのグッズ販売が再なる拡大をしている。商品も30種品目まで充実し、新ブランド商品「TACORON」が運気アップのグッズとして好評だ。当初3人でスタートしたが、現在は22人と多くの雇用も生んでいる。
◇南三陸署は住居侵入で町内男性(57才)を逮捕した。
◇歌津伊里前地区の市街地再生の用地測量調査設計等委託料として、7000万円を予算措置した。
◆気仙沼市で認知症高齢者が3300人いて、行方不明者はいない事を市議会の一般質問で当局が公表した。
◇南三陸町で建設予定の災害公営住宅の入居者の4割が65歳以上だったことが入居意向調査でわかった。介護事業者の入れる「福祉モール」の設置や、高齢者に配慮した災害公営住宅への福祉施設の併設を検討する事とした。
◇町内8地区の入居希望1523人のうち65歳以上が551人で全体の36.2%、志津川市街地地区は364人で35%を占める。
◇南三陸町で8月30日の1時30分から吉川精一さん(元NHKのど自慢司会)の、「吉川精一軒先のど自慢」が福興市場で開催される。
◇7月14日「(仮)南三陸病院・総合ケアセンター」着工式。現在の病院・役場向いの高台へ整備され、来年秋の完成を予定している。
◇南三陸町職員の戸倉公民館の2人も特殊公務災害に認定される。1人は地震後に水門の閉鎖を、もう1人は避難所設営の職務にあたっていた。「高い危険性があった」と認定された。
◇南三陸町の意向調査の中で、JR気仙沼線の鉄路再開を望む声が半数を占めた。また、BRTは高齢者の貴重な足と住民は評価している。
◆気仙沼で不動産詐欺未遂発生。「原野が1坪2万円」、被災住民に注意を呼び掛けている。
◇南三陸産材が茨城に!被災地の復興支援として茨城の生協13万人の「パルシステム茨城」が、日立市内に交流施設「日立運営館」の建設に南三陸産の木材を使用する。6月28日に関係者が出荷式を行った。
◇南三陸町野球協会が「甲子園目指しがんばって」と志津川高校にボールを寄贈した。
スポンサーサイト



【 未分類 | CO:0 | TB:× | 08:54 】


TOP