FC2ブログ

ARCHIVE - 2014年02月

2014
02/21

先行町開き


第13回志津川地区まちづくり協議会「産業再生専門部会」が20日6時30分からあった。部会員の出席は6人で委任状を加え成立した。会員の数は一人減り20人と言う。
高台部会との合同会議は3月の初めに予定するが、傍聴で聴く範囲では、議論の中身に町づくりの協議会部会が、誰に何処に向かうかで、合同会議の発展的な議論は難しく、現在までの各協会議の進捗内容を伝えるだけになりそうだ。
志津川市街地形成にはコンサルタントの熊氏が携わり、昨夜はその構想が部会で示された。その全ての観光・商業の多角的な世界の場所を模範とした、地図や写真で示された構想に、驚きの志津川地区日地被災地の再生が伝わってきた。だが、「本当にこんな町ができるの」と言う疑問もある。商店主がこれだけいるのか? 他の地区から事業者の参入があるのか? など、人口が減少している中で、こんな物凄い構想が実現するのか。と思った。
「これからの町は戦略的ではいと駄目」と言う方に同感はする。「生産者も販路の開拓を」「道の駅の構想も」など、発展的な情報も聴けた。行政からは次回の合同部会で、高台移転の個別相談での「店舗付住宅希望者」の数も報告出来ると言う。
最近仲間と夜語り会う機会が無くなった。雪の為・寒い冬だからなど、互いに多忙なのかも知れない。私も少し忙しいが運動行ったり仕事したり、色々な町民の方と会う。家に閉じこもる事を避け、日曜だけは父と一緒にいる事を心がけている。
スポンサーサイト



【 未分類 | CO:0 | TB:× | 09:00 】


TOP